【テキサス親父日本事務局】報道されない真実がまた再び!中国による人権弾圧!・・・2016/11/29

0

    【テキサス親父日本事務局】報道されない真実がまた再び!中国による人権弾圧!・・・2016/11/29

     

     

     皇紀2676年(平成28年=西暦2016年)も、あと、残すところ1ヶ月となりましたが、皆さんにとって、どんな年だったでしょうか?

     

     テキサス親父日本事務局としては、2011年から毎年、継続してきたテキサス親父の日本講演ツアーが、諸事情によって2017年1月に繰り越してしまったことが残念でした。しかし、1月15日の東京での「テキサス☆ナイト」を皮切りに、18日名古屋、20日大阪、22日福岡で行うことが決定しました。

     

    さらに現在、沖縄、秋田、仙台、和歌山などでの講演会の話を頂いていますので、出来るだけ多くの皆様に「生トニー」を見ていただき、触れていただきたいと思っています。

     

     

     

    近々、お申し込みを「e+」(イー・プラス)にて開始いたしますので、開始されましたら、再度、告知いたします。

    解像度の高い画像はこちらから→https://www.facebook.com/TEXAS-DADDY-284830465054880/

     

    字幕【テキサス親父】本が出たぜ!!日本に行くぜ〜!サインもするぜー♪ 

     

     

     

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------

     

     

    毎週木曜日(本日)は、テキサス親父の #夕刊フジ の連載コラム

    【痛快!テキサス親父】の日です。駅の売店やコンビニ等でお買い求め下さい。(一部地域では、金曜日発売です)

     

     

    テキサス親父の新書 「テキサス親父の大予言 日本は、世界の悪を撃退できる」

    が産経新聞出版より1発売されました。是非、我らがテキサス親父を応援して下さい。

    こちらからお買い上げ頂けます →クリック→ https://goo.gl/BsMRrb 宜しくお願いします。

     

     

    来日期間中、テキサス☆ナイトの各会場にて販売いたします。

    ご参加の皆様へは、テキサス親父のサインがもらえます。

    ------------------------------------------------------------------
    日本の敵は世界の敵だ!  正念場の戦に備えよ! 
    アメリカ、国連、在米韓国人、中国の悪をあぶりだす
    ------------------------------------------------------------------
    テキサス親父が日本に直言! 
    【目次】
    序 章 米国病「リベラル」から逃げろ
    第1章 リベラルのアメリカ破壊が止まらない
    第2章 ポリティカル・コレクトネスが自由を奪う
    第3章 こんな国連ならいらない
    第4章 在米韓国人がアメリカを汚している
    第5章 中国にモノを言う資格はない
    第6章 シー・シェパードはなぜ日本を糾弾するか
    第7章 日米同盟こそが世界を救う
    トランプでもヒラリーでも、日本は我が道を行け!

    --------------------------------------------------------------------

     

    【テキサス親父日本事務局の推薦書】

     

    我らが千葉麗子さんの「くたばれパヨク!」が青林堂から12月10日に発売になります。

    予約受付中ですので、是非、買って応援してあげましょう。

     

     

    ご予約、ご注文はこちらから!

    https://goo.gl/mYpAFG

     

    --------------------------------------------------------------------

     

     

    報道されない真実がまた再び!中国による人権弾圧!

     

     

    10月19日のエントリー 中国共産党による人権弾圧・拷問が輸出されている 報道されない真実 http://staff.texas-daddy.com/?eid=505 にて、パキスタン内のバローチスタン州における、中国とパキスタンによる人権弾圧について書きました。

     

     中国が、自国内のチベット人、ウイグル人、内モンゴル人などへの弾圧を行っているのは、皆さん、ご存じだと思います。しかし、中国は同様のことを国外でも行っているのです。

     

     パキスタン西部のバローチスタン州では、中国やパキスタンの諜報機関ISIによって、バローチ人に対する「強制収容所への監禁」「拷問」「虐殺」などの恐ろしいことが日常茶飯事行われています。

     

     

     11月28日より、タイのバンコックで開かれる予定であったこのバローチスタン州の問題を「地理的な観点」や「自己認識の観点」から話し合う “Balochistan Geo-politics and Baloch Identity” が開催される事になっていました。

     

     主催者側の1人のMunir Mengal氏(ムニール・メンガル氏=Baloch Voice Association代表)は、会場設営のために25日よりバンコク入りし、"Asian Institute of Technology Conference Center (AIT) and Foreign Correspondents’ Club of Thailand" (アジア工業大学会議センターの外国特派員協会)にて準備をしていました。この会議には、世界中の人権に関するNGOが招待されておりました。

     

     

     翌日27日に参加者が宿泊しているホテルにタイ警察が来て高圧的な態度で「観光ビザでの入国」であること、そして、「過敏な問題に関する会議を開く許可を政府から取っていない」とし、拘束され、国外退去処分になりました。さらに、そこへ同行していたフランス人のジャーナリストも、後に同様に拘束されて、24時間の拘留取り調べの後に、フランスへ強制送還されました。

     

    そこで、直接、この2名に聞き取り調査をし写真を送ってもらいました。

     

     

    写真:国外退去処分になったMunir Mengal氏(ムニール・メンガル氏=Baloch Voice Association代表)

     

     

     Asian Human Rights Commission(アジア人権委員会)代表のBaseer Naveed氏(バジール・ナヴィード)によれば、26日(土曜日)の夜に再度、警察と入国管理官が訪れて、「会合は許可されない」と命令されたとのこと。そこで、彼は、「何の法律も犯していないのに2名のビザが消された」「彼らのビザは旅行ビザではなくジャーナリストビザと会議ビザだ」と抗議した。しかし、入国管理官からは強制退去命令が出されたとのこと。周囲にいたこの会合に出席する筈であった参加者たちに「会合は行われない」と告げられた。

     

     強制国外退去命令が出されてフランスに戻ったジャーナリストによれば、本人はジャーナリスト用ビザで、Munir氏は会議用ビザを取得していたとのこと。彼は、入国管理局で「何の法律に反しているのか」と何度も聞いたが、まともな答えを得られなかった。最後の取調官によれば、「君たちは、無罪だ。しかし、極端な政治的な圧力によって決定された」と答えたとのこと。

    そして、最後にこのBaseer氏も、当局に拘束されて強制送還されるとのことだった。

     

     

     

    写真:入国管理局で拘束されているMunir氏

     

     さて、以上が出来事ですが、以前からこの問題を追いかけてきた当事務局は、中国が自らが行っている人権弾圧について会合で話されることを恐れて、タイ政府に政治的な圧力を掛けたものだと推察します。中国からタイへの直接的投資額だけ見ても、今年の1月から9月までだけで、5,370億円(1,700億バーツ)にのぼっています。

     

     これでタイ政府は、中国からの申し入れを飲んだものと思われます。これが意味することは、中国・パキスタンによる弾圧や拷問、虐殺よりも、投資が重要で、実際には、それが、中国の人権弾圧に荷担していることになります。このような中国の金をバックにした横暴が続けば、世界の秩序が完全に崩壊してしまいます。

     

     

     

    写真:フランス人ジャーナリストを拘束したタイの警察官の身分証明書

     

     

    幸いなことに、為替操作を行っている「為替操作国」の中国元をハードカレンシー(国際基軸通貨)にしようとしていることに強行に反対しているドナルド・トランプ氏が、次期米国大統領に当選したことは、せめてもの光明ではないでしょうか。

     

    関連記事リンク:https://www.thenews.com.pk/print/168227-Balochistan-moot-organisers-deported-from-Thailand

     

     

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

     

    【テキサス親父ファンにご支援の御願い】 
     テキサス親父日本事務局は、テキサス親父ファンの皆様、個人の寄付
    事務局メンバーによる寄付とボランティアにより運営致しております。

    ファンの皆様方の暖かい運営へのサポート、寄付、運営へのご参加を
    是非宜しくお願い致します。 

    尚、テキサス親父事務局では、 
    ●事務局のメンバー 
    ●翻訳協力者 (中国語・韓国語・英語) 
    ●個人協賛者 
    ●協賛企業も同時に募集いたしております。 

    事務局の活動にご共感頂ける方々の御支援を幅広く募集致しておりますの
    で、是非、皆様方の暖かいご協力を宜しくお願いします。 

    □銀行名   : 群馬銀行 
    □支店名   : 熊谷支店 
    □店          : 300 
    □口座番号 : 普通預金 934849 
    □名義人   : テキサス親父日本事務局 
    (テキサスオヤジニホンジムキョク) 

    または、カードお支払いも可能です。下のリンクよりお願いします。 
    https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=Z4RSBRDF4J32G

    また、活動には、継続性が重要になりますので、一度、ご登録頂ければ
    毎月3,000円から、一定額のご支援を頂けるお支払い方法もご用意致しま
    したので、ご協力の程、宜しくお願いします。
    (カード払いのみ・下のリンクより金額をお選び頂き、購読ボタンを押して下さい)

    http://texas-daddy.com/donation.html

    ・ ペイパルアカウントの作成が必要になります。
    ・ Windows Explolerをお使いの場合は、自動的に別窓が開きますので、その画面から操作して下さい。
    ・ Google Chromeをお使いの場合は、「donation.html」というダウンロードが始まりますので、そのファイルをクリックして頂くと、操作画面に行きます。

    ご不明な点が御座いましたら、info@texas-daddy.com または、090-3137-1006まで、お問い合わせ下さい。

    ご協力、是非、宜しく御願いします。


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


    ---------------------------------------------------------------------

    テキサス親父オフィシャル・グッズ・ストアー  
    http://texas-daddy.shop-pro.jp/ 
    ---------------------------------------------------------------------
    ■テキサス親父の最新字幕版動画をアップとニュース等を同時にお知らせ!■ 
    ツイッターで@MR_DIECOCKをフォローまたは、 
    フェイスブックはShun Fergusonに友達申請して頂ければ自動的にお知らせ。

    テキサス親父のtwitter IDは、@MrTexasDaddy です。 
    フォローしてみてください♪ 
    ----------------------------------------------------------------------
    テキサス親父日本事務局 
    http://texas-daddy.com 
    テキサス親父日本事務局スタッフブログ 
    http://staff.texas-daddy.com 
    テキサス親父日本事務局 第1チャンネル  
    http://www.youtube.com/user/OUTSIDESOUND 
    テキサス親父日本事務局 第2チャンネル  
    http://www.youtube.com/user/PropagandaBusterJp 

     

     

    ご意見、お問い合わせ、情報提供等は、info@texas-daddy.comまで

    お寄せ頂きますようお願い申し上げます。


    コメント
    来年1月のテキサス親父の講演会を聴講したいのですが、申し込み方法が分からない。「e +」にて発表とあるが、どうなっているのだろうか?hikitam829。
    • hikitam829
    • 2016/12/15 9:43 AM
    hikitam829さま

    こちらより、ご購入いただけます。
    宜しくお願いします。

    http://www.texas-knight.xyz/home.html
    • Shun
    • 2016/12/18 9:10 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << January 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【テキサス親父】動物愛護団体が環境を破壊し鯨を守るという偽善 2012/5/6
      besuchen sie die website
    • 【テキサス親父】テキサス親父の来日に関してのお知らせ 2013/08/10
      ?梁支座更?
    • 【テキサス親父】テキサス親父の来日に関してのお知らせ 2013/08/10
      ?管
    • 【テキサス親父】テキサス親父の来日に関してのお知らせ 2013/08/10
      网格布
    • 【テキサス親父】一般人でも出来る抗議活動それが「署名」です
      Shun
    • 【テキサス親父日本事務局】テキサス親父講演会のお知らせ&オスプレイ不時着に関しての見解 2016/12/15
      Shun
    • 【テキサス親父】一般人でも出来る抗議活動それが「署名」です
      はるこ
    • 【テキサス親父日本事務局】テキサス親父講演会のお知らせ&オスプレイ不時着に関しての見解 2016/12/15
       
    • 【テキサス親父】一般人でも出来る抗議活動それが「署名」です
      Shun
    • 【テキサス親父】一般人でも出来る抗議活動それが「署名」です
      はるこ

    recent trackback

    • 【テキサス親父】緊急速報:米国カリフォルニア州クパチーノ市に慰安婦像設置の動き 2013/12/25
      美しい国への旅立ち
    • 【テキサス親父】今回の騒動についてご説明とお願い 2013/12/09
      きらやまと・さらいにこ
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      きらやまと・さらいにこ
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      In the Strawberry Field
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      きらやまと・さらいにこ
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      冴木雫の創作日記
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      むぎの手記
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      市民団体 草莽愛知実行委員会
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      文句言いのたわごと
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      志葉楽(シバラク)

    links

    profile

    書いた記事数:486 最後に更新した日:2017/01/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM