【テキサス親父】韓国から米軍を撤退させろ!ホワイトハウス署名開始! 2014/07/30

0

    【テキサス親父】韓国から米軍を撤退させろ!ホワイトハウス署名開始! 2014/07/30

    【できるだけ多くのシェア拡散をお願いします】

    テキサス親父が予告していた新たなホワイトハウス署名を始めました

    ※ご注意
    この署名は、内容的には韓国から米軍を撤退させると言うものですが、現実問題として、国防に関する事項に関して、署名で変わるわけはありません。そして、実際的には、米国も韓国も日本も在韓米軍が撤退するのは、共産主義の脅威の観点から見ても好ましいことではありません。

    2015年には、韓国軍の指揮権を米国より韓国へ移すことが決定されていますが、韓国はこれに対して難色を示しております。
    これにより、米国軍が韓国より撤退すると思われている方もおられるようですが、あくまでも、韓国軍の指揮権を米国より韓国へ移管すると言う事で、米国軍の撤退ではありません。

    この署名は、支那共産党政権に擦り寄る狂気の韓国の朴政権に対して、「韓国に自国の兵を置いている米国民が怒っている」と言うメッセージを示し牽制する為である事をご理解下さい。


    Texas Daddy started new White House petition as he stated while he was in Japan


    U1速報→http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50428235.html

     

    皆様のシェアと署名へのご協力を宜しくお願いします。
    Please sign the petition and share this to your friends. Thank you!

     

    [請願内容]

    韓国からすべての米国軍を撤退させて下さい。
    韓国の朴大統領は、韓国を中国の共産主義政府に迎合させる事により、韓国/日本国/米国同盟に亀裂を生じさせようと動いています。朴大統領は、このように韓国で共産主義に対する抑止力である米軍の必要性を否定し反対しています。なぜ米国軍を選挙で選ばれた大統領がその任務に反対している国に置いているのですか?同盟国が同盟に反する動きをするのであれば、そこには同盟が存在しません。同盟が存在しなければ、韓国には、米国軍は必要ありません。ヤンキー・カム・ホーム!(ヤンキーは戻って来い!)

    皆様のご協力を宜しくお願いします。

    ↓署名サイトはこちら↓

    http://goo.gl/Y4UOla
     

    【Remove all U.S. military forces from South Korea】

    Remove all U.S. military forces from South Korea. South Korean President Park is working to create a rift in the South Korea / Japan / U.S. alliance by aligning her nation with the Communist government in China. Ms. Park is working against the communist deterrent thus negating the need for U.S. forces in South Korea. Why keep U.S. forces in a nation where the elected president is working against their mission? If a nation in an alliance is working against the alliance, then there is no alliance. No alliance, no need for U.S. military forces in South Korea. Yankees come home!


    ↓Please click this link to sign the peition↓


    http://goo.gl/Y4UOla




    下の様なメールが来ますので、リンクをクリックすると完了です☆





    -------------------------------------------------------------------

    「フェロー諸島へテキサス親父達を派遣したい」の
    プロジェクト基金についてのお願い


    この夏、約500人のシーシェパード活動家が、嫌がらせの為にデンマーク・フェロー諸島に上陸しています。
    私共といたしましては、日本と同じく、鯨類を漁する文化を持ち合わせてるが故に、シーシェパードの標的にされているデンマーク領フェロー諸島の方々と情報を共有し、シー・シェパードの蛮行に対して国際的に対抗する為、どうしても、フェロー諸島に直接、共闘を申し入れに行かなければなりません。

    そして、日本人でもない、デンマーク人でもない、第3国人であるテキサス親父トニー・マラーノさんに中立的立場としての同行をお願いしたいのです。
    しかし、私共には共闘を申し入れにフェロー諸島へ行くための資金がありません。

    そこで皆様、お振込みによるご寄付をお願いできませんでしょうか。
    ご寄付いただけました折には、READY_FORと同じ特典をこちらからお送りさせていただきます。
    皆様の暖かいご支援を賜りますよう宜しくお願いを申し上げます。

    ↓のリンクをクリックして頂きますと、詳細ページが開きます。

    【テキサス親父】 悲報! フェロー諸島へのテキサス親父派遣基金が目標達成ならず


    -------------------------------------------------------------------




    テキサス親父、韓国中国を叱る!
      日本人よ「真実」を知り、
    馬鹿げた非難を笑い飛ばせ

    著者:トニー・マラーノ ・ 翻訳:大野和基
    1,512円(税込)1,400円(税抜)  PHP研究所

    ※毎週火曜日に『週刊アサヒ芸能』 木曜日は『夕刊フジ』にテキサス親父のコラムが掲載される日です!
    是非、コンビニや駅の売店でお買い上げ下さい!

    -------------------------------------------------------------------

    テキサス親父関連動画紹介

    『テキサス☆ナイト in JAPAN2014東京公演 
    藤井実彦 AJER2014.7.10(6)




    チャンネルAJERさんより。
    テキサス★ナイト 東京公演の模様を、少しだけご紹介されていらっしゃいます。

    -------------------------------------------------------------------

    【右向け右!】
    第7回 - テキサス親父 × 月刊『WiLL』花田紀凱編集長(プレビュー版)




    月刊WILLの編集長の花田紀凱さんが、テキサス親父にインタビュー形式で
    対談をされている動画です。 (通訳は当事務局長のShunが担当しております)
    どのような話が出てくるのでしょうか?

    言論テレビ 花田編集長の右向け右 ←クリックで開きます

    -------------------------------------------------------------------

    【アーカイブ】
    沖縄の声-ついに実現!!テキサス親父VSマリンアウトおじさん&
    テキサス親父講演会[桜H26/7/13]




    日本文化チャンネル桜・沖縄支局「沖縄の声」さんより。
    テキサス★ナイト終了後、沖縄に飛んでテキサス親父☆講演会WESTとして
    来日してからの後半戦のスタートとなる沖縄講演会。
    この動画の内容は、テキサス親父が沖縄県で保守活動をしている人たちと一緒に
    普天間基地でヘイト・スピーチを繰り返している反日本軍の人たちと対峙します。
    その後、フェイスクリーン活動の模様をご覧頂いてから、那覇市で開催された
    テキサス親父沖縄講演会の模様をご覧頂けます。
    1時間14分ちょっとの動画ですが、時間経過するのがとても早いです。

    チャンネル桜沖縄支局「沖縄の声」 ←クリックで開きます
    (上記のリンクはYoutubeのチャンネルです)

    -------------------------------------------------------------------

    『さよなら日本 テキサス親父 日本縦断を語る 
    藤井実彦 AJER2014.7.15(7)




    テキサス★ナイトやテキサス親父★講演会WESTの感想がメインテーマとなりますが
    最初に、来日スケジュールをこなしてから、まっすぐアメリカに帰られる・・
    と、思いきや! 実は日本からヨーロッパに飛びまして、大暴れしてくるという
    宣言の動画になっております。
    行き先は、スイスのジュネーブとバチカン市国へ行くことが、この動画で
    報告されていますが、どうしてジュネーブとバチカンに行くことになったのでしょうか?

    -------------------------------------------------------------------

    『テキサス親父 日米教育問題を大胆に語る 
    藤井実彦 AJER2014.7.22(2)




    テキサス親父が新しい歴史教科書を作る会の岡野俊昭さんと
    我が国とアメリカの教育問題について語る動画になっています。
    どのようなことが語られるのか・・ は、動画をご覧下さいね。

    ここの動画は2分割された前半部分のみのご紹介となります。
    後半部分をご覧頂く場合にはプレミア会員(有料)の登録が必要になります。
    動画の最後の部分に、説明がございますのでそちらもご参照下さいませ。

    チャンネルAJER ←クリックで開きます

    -------------------------------------------------------------------------------­­­­­­­­­­­­­­-------

    テキサス親父オフィシャル・グッズ・ストアー 
    http://texas-daddy.shop-pro.jp/
    ------------------------------------------------------------------------
    ■テキサス親父の最新字幕版動画をアップとニュース等を同時にお知らせ!■
    ツイッターで@MR_DIECOCKをフォローまたは、
    フェイスブックはShun Fergusonに
    友達申請して頂ければ自動的にお知らせ。

    テキサス親父のtwitter IDは、@MrTexasDaddy です。
    フォローしてみてください♪
    --------------------------------------------------------------------------------­­­­­­­­­­­­­­--------
    テキサス親父日本事務局
    http://texas-daddy.com
    テキサス親父日本事務局スタッフブログ
    http://staff.texas-daddy.com
    テキサス親父日本事務局 広報チャンネル
    http://www.youtube.com/user/bit0213a
    テキサス親父日本事務局 第1チャンネル
    http://www.youtube.com/user/OUTSIDESOUND
    テキサス親父日本事務局 第2チャンネル
    http://www.youtube.com/user/PropagandaBusterJp
    -------------------------------------------------------------------------------------------
    テキサス親父、テキサス親父の動画、その他に関しての
    ご意見、ご要望その他は、info@texas-daddy.com まで。
    -------------------------------------------------------------------------------------------

    【テキサス親父動画のエンディング・テーマ I Love You について】

    動画のメッセージ欄やメールでテキサス親父の動画のエンディングに
    使われている曲は、どこで買えるのか?とのご質問を多数頂いておりましたので、
    ダウンロード出来るように致しました。
    下のリンクより200円にてmp3ファイルをご購入頂けますので、合わせて
    宜しくお願いします。

    SHIHO "I Love You" mp3



    -----------------------------------------------------------------------------

    では、今日はこのへんで!

    All right folks !

    We'll See You !

    God Bless You

    God Bless America

    God Bless Japan

    God Bless the nation you happen to be in

    See ya ! 

    -------------------------------------------------------------------

    Shun & うるうる★Nash wrote

     

    コメント
    在韓米軍は12月ごろに撤退する予定です。韓国側が延長しなかったはずです。オバマが訪韓した時に、米軍の延長を話すべきだったのに、日本の悪口でおわってしまいました。

    なので、署名を集める必要はないと思います。
    • だいふく
    • 2014/08/01 12:15 AM
    2014/07/31 ザ・ボイス 青山繁晴 ニュース解説「G7とEUがロシア非難の共同声明を発表」
    8:00〜
    http://youtu.be/FyQNScNH_cw

    米国民3割「オバマ大統領は弾劾裁判により辞任すべきだ」 CNN世論調査
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140727/amr14072700110002-n1.htm

    取り急ぎ失礼します
    オバマ大統領が「弾劾裁判」に掛けられそうになっているって本当でしょうか?
    • ちゃうねん
    • 2014/08/01 1:42 AM
    だいふくさんへ

    米軍が12月に撤退すると言う資料がありましたら、教えて下さい。

    米軍の持つ韓国軍の指揮権は返還されますが、米軍の撤退は、どこから沸いてきた話なのでしょうか?

    • Shun
    • 2014/08/01 5:13 PM
    ちゃうねんさんへ

    弾劾裁判に掛ける為の条件を満たしていませんので、
    残念ですが、当面は無いと思います。
    • Shun
    • 2014/08/01 5:14 PM
    shunさん

    署名のリンク先が切れてるので再度確認をお願い致します。
    • らんらんるー
    • 2014/08/01 10:04 PM
    署名のリンクが開きません。
    • ike
    • 2014/08/02 10:23 AM
    これとか
    http://www.news-us.jp/article/403067852.html

    yahoo掲示板や
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1998407/ffc7pjbf6q3t2a

    それと、ネットテレビ
    http://www.nc-kyo.com/watchtvprogram.html

    間違え情報だったのか〜〜〜〜
    けっこう出回ってます。
    • だいふく
    • 2014/08/02 10:49 PM
    ■3/26放送 日韓関係、新たな展開を見せるか、中韓の“反日タッグ"米の本音は?青山解説 より引用
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1539.html

    村西利恵
    「『韓国海軍の仮想敵国は、すでに日本だ』」

    青山繁晴
    「はい、これ誤解しないで下さいよ? その、安倍総理がおっしゃったり、えー、もちろん相手側も言ったわけじゃないんですね。明かしたわけじゃない。で、ただ、これ、ただっていうかまず、あの、僕の言葉です(一同同意)。これもちろん原文は英語で言いましたが、韓国海軍の現実の仮想敵国は、北朝鮮じゃなくて、あるいは北朝鮮よりも、rather than North Korea、よりも、すでに、日本になってしまってると。で、もちろんこれは僕が何か適当に言ったんじゃなくて、えー、例えば、韓国軍の内部、あるいは陸海空自衛隊、あるいは米軍の現場を歩いてきて、あるいは、ちょっと距離があるヨーロッパの軍隊も歩いてきて、実はこれ共通認識になってるわけです」
    一同
    「うーん」
    青山繁晴
    「ところが米軍はですね、ギョッとしたわけです。ギョッとしたんで、これ、ちょっと厳しかったんですけれども、日本側、つまり日本の政府側から、同席してる方々がいらっしゃいますね。で、その方々に話を振りました。今の僕の話は単なる推測だと思いますか、最前線で見ていかがですかってことを申しましたら、よくぞ勇気を持って言ってくれたと思うんですが、こうおっしゃった。出して下さい」

    村西利恵
    「日本側の同行者の発言です。『例えば、日本がイージス艦を整備していくと、韓国もする。日本が仮想敵国だとしか思えない』」

    青山繁晴
    「はい。えー、これは、日本の海上自衛隊がイージス艦とか潜水艦とか、アジアの平和のために、あるいは日本のフェアな防衛のために整備していくと、韓国が必ずレベルを合わせてくると。北朝鮮海軍ってのは本当はあってなきようなもの、と言っても、あの天安(チョナン)号を撃沈した、北朝鮮は否定してますけれども、やり方によってはそういうことできるけれども、しかし今の韓国海軍の、大きな大きな、力にしていこうとする方向が、北朝鮮に向いてるとは、思えない、日本が仮想敵国だとしか思えない。これ実はもう、常識になりつつあるんですが、このことをはっきり言いました。で、それによっていわば、フェアに、その場の空気が変わって、アメリカも本音のことを言わなきゃいけないっていう雰囲気が、さらにありました。その結果、米軍側からどういう言葉が新たに出たかというと、これです」

    村西利恵
    「アメリカ軍当局者は、『朴大統領の言動に、正直困っている。安倍総理が河野談話を受け入れてくれて、ほっとしている』」

    岡安譲
    「へぇー、米軍もかぁ…」
    青山繁晴
    「はい。つまり、朴槿恵大統領が、例えば河野談話や村山談話を継承すると、安倍さんが言ってくれたら、話す余地はあるみたいなことを言ってるというアメリカの解釈なんですね。ま、これアメリカも無理に解釈してるとは言えませんね。今まで少なくとも朴槿恵さんは、そういう話をされてきました。そして僕の方から、河野談話っていうのは、実は、事実に基づかないところがあって、で、それはすでに日本の国会で証言がされて、検証を始めると、安倍政権が言ったのに、実はアメリカの要望もあってですね、圧力というよりは要望があって、その、事実じゃないことも含まれてる談話なのに、検証はするのに、見直さないってことを言ってしまって、日本国民には、強い不満もあると、言いましたら、まあアメリカの軍側は、その話聞いてびっくりしたわけですよ。え、日本に不満があるのと。ね。これアメリカ人らしいと思うんですが、もうそんなくだらない話にこだわってるんじゃなくて」
    岡安譲
    「くだらない…」
    青山繁晴
    「その、まあ、子供じみ…、childishって言葉は使わなかったけど、要するに稚拙な外交をやってる、大統領が韓国がたまたま現れてしまって、その人の要求に、その、実害がなければ、合わせてあげればいいじゃないですかと。それで、その、日米韓の連携がちゃんとつくれて、北朝鮮や中国に対峙できればそれでいいじゃないかと。そういう感覚なんですよね。で、それは日本人の考え方と違いますけれども、同盟国のアメリカが、そういう受け止めしてるっていうことは、客観的な事実として考えていただきたいんです」

    引用ここまで
    残りは各自で読んで下さい
    • ちゃうねん
    • 2014/08/03 4:37 PM
    3-11 韓国人慰安婦問題〜〇〇のせいで大騒ぎになったんですよ〜
    そもそも韓国人が「慰安婦ガー」と騒ぎ出したのはなぜでしょう?
    http://youtu.be/S4y8qCbAYgk?list=PLBUn1WM9bPYWls286kiCSZf31pJEPM6Ne

    3-11 Korean comfort woman issue 〜What made the issue a big problem?〜
    http://youtu.be/bcoKJ4YR2HI?list=PLBUn1WM9bPYU-9MaDWaM0dXP6YwViwjo7

    ■7/9放送 習主席の反日演説…安倍戦略を青山ズバリ より引用
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1585.html

    村西利恵
    「日本とアメリカの情報当局者によると、『そもそも日本の慰安婦問題も、北朝鮮の工作員が操っている。工作員は、韓国の青瓦台や大学やメディアなど、あらゆるところに入り込み、今回は朴政権に打撃を与えるために動いている』」

    岡安譲
    「ほう〜」
    青山繁晴
    「はい。これ、あの、念のために、日米の情報当局に、僕はもう…、最終確認したから、情報当局者、日米で入れましたけどね。でもこれは、たとえば拉致事件を含めた北朝鮮の問題に関わってる、いわば専門的に関わってる人の中では、これ常識なんですよ。もともと北朝鮮の工作活動から始まった、その慰安婦問題なるものが。これたとえば、拉致被害者について、救う会っていう団体だったり、あるいは特定失踪者を調査してる団体がありますよね(一同同意)。そこにいらっしゃる、その、幹部連は、これみんな前から、よくご存知です。つまりどういうことかというと、たとえば、sex slaveっていうね、えー、巧妙な言葉を造ったり、あるいは、無茶苦茶な数ですけど20万人いたことにしたり、あるいは、もっと言うとさっき言いました、たとえば、ソウルの日本大使館の前に、いもしなかった少女の像を建てたでしょ。あれ誰が中心になって建てたかというと、韓国の、挺身隊問題対策協議会ってあるんですね」
    村西利恵
    「ああー…」
    青山繁晴
    「挺身隊っていうのは、身を挺して、たとえば村西さんを守るって、あの『挺』ですよね。で、この挺身隊問題対策協議会って言ってるんですが、これ韓国の民間団体ですけど、えー、そしてこの挺身隊っていうのは、実は慰安婦と全く関係がなくて、これ工場労働のことを言ってるわけです」
    岡安譲
    「ふん、ふん…」
    青山繁晴
    「身を捧げて、その、たとえば兵隊の相手をするんじゃなくて、性的なことをするんじゃなくて、工場で、女学生だけで工場に行って、学校に行かずに工場に行って働くことを、挺身隊と言っててですね、で、これは実は、アメリカでもイギリスでも戦時中は普通に行われてたんですよ。で、それを朝日新聞が誤報したりしたこともあって(1991年8月11日付朝日新聞朝刊大阪版の植村隆記者の記事)、これをいわば、勘違いしてやってるんですが、その、もう一回言いますよ、少女像を建てた、この挺対協、挺身隊問題対策協議会っていう団体は、自ら、北朝鮮と仲良くしてますってことを言ってます。幹部が。公言もしてますし、実は韓国の捜査当局は、いくら何でもっていうので捜査したこともあるわけですよね。したがって、慰安婦問題っていうのは、実はもともと北朝鮮の工作から出発してるのに、その、朴政権が今、やってるわけですよ。そして北朝鮮の工作っていうのは本当は、青瓦台っていうのは大統領官邸のことです、それから大学ですね、そしてここメディアって書いてますが、それ新聞・テレビ・ラジオだけじゃなくて、芸能文化、そういう、あるいはドラマ、音楽、そういうところにもたくさん入り込んでるんですよ。北朝鮮の映像で、たとえば、芸能がとても上手でしょ。あの、歌の詞は独裁者を称える詞であっても。その、音楽のレベルは決して低くないでしょ(一同同意)。そういうこともあって、もう韓国のありとあらゆる所に入り込んでるのが実は、現実なんですね。で、したがって、今回、突然その、韓国自身の問題として、アメリカ軍に女性を差し出すようなことをやってましたねっていうのも本当は、ちゃんと北朝鮮の影が差していて、それはどうしてかというと、これそもそも、これ(米軍慰安婦)やりましょうと決済したのは、朴槿恵大統領のお父さんの、朴正煕大統領ですから。そして朴槿恵大統領は、現在の女性大統領は、中国と異常に接近してて、北朝鮮から見たら自分の頭越しに、その、中国と仲良くしてるから、その朴政権と、中国、両方に、実は打撃を与えるのが目的ですから」
    岡安譲
    「ほぅ〜、中国にも打撃を与える
    • ちゃうねん
    • 2014/08/03 5:47 PM
    続きです
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1585.html

    岡安譲
    「ほぅ〜、中国にも打撃を与えると…」
    青山繁晴
    「その話を、出していただけますか。はい」

    村西利恵
    「つまりこの集団提訴の真相は、日米の情報当局者によると、『北朝鮮の工作機関が、韓国を牛耳っていることを、中国に見せつけることが狙い』」

    岡安譲
    「ほう…」
    青山繁晴
    「はい。さっき言いました因果応報とか、あるいは、韓国にも良心があった…、韓国の反日にも、韓国はもちろん良心あるんですよ? アンフェアな反日にも良心があったのかっていうことではないと。それからもう一点、時間は厳しいけど、もう一点覚えててほしいのはですね、北朝鮮の工作機関ってのは、ほんとにしたたかで巧妙なんですよ。この、工作活動で韓国は完全に負けてると言わざるを得ないですね。だって韓国側から北朝鮮に浸透してませんから。北からは南に浸透してるけど。そうするとですね、もうひとつ巧妙な罠が隠されてること、お分かりになりますか? さっき言いました挺対協っていうのは、こないだやりました、河野談話の検証報告書にたくさん出てくるんですよ。韓国政府が、日本ともう手を打とうとしても、この挺対協をはじめ民間団体からいっぱい言われるから、韓国政府がもう、びびってしまって、日本側に何とかして下さいと、いうようなことが、その検証報告書にも出てくるんですね。で、したがって、その今回の動きも、北朝鮮の隠された意図があってですね。それは、さっきのお話で、気がつきました? つまり、この米軍慰安婦問題っていうのは、韓国軍がたとえば、あるいは警官が無理に引きずって連れて行ったっていうことではなくて、主として人身売買であったり、あるいは自分で選択したことであっても、モラル上、問題があるってことを中心にしていますよね。それって、河野談話の検証報告書で打ち出されてきたことと、ある意味、似てるとこあるでしょ?」
    岡安譲
    「いやー、おっしゃるとおりですね」
    青山繁晴
    「だからやがて国際社会の大きな流れが変わって、やっぱりその日本軍が無理に連れて行ったって嘘じゃないかになった時にも、備えてるというね、巧妙な布石なんですよ、これ」
    岡安譲
    「そうですね…」

    青山繁晴
    「だから、あえて申しますが、その、良心的なことだとか、因果応報っていう、いわば常識論で片付けない方がいいっていうことなんですね。はい、じゃあ、次の疑問に行きたいと思います」

    引用ここまで
    残りは各自で読んで下さい
    • ちゃうねん
    • 2014/08/03 6:03 PM
    つまり、まとめるとですね、「韓国海軍の仮想敵は既に日本」で、その「韓国政府に工作スパイ入れて裏で操っている北朝鮮」というヤヤコシイ構図になっています。

    韓国という国は、中国と北朝鮮という異なる共産主義国に板挟み状態なんですよ。

    アメリカ軍が撤退する時は、韓国軍に貸し与えているイージス艦も一緒に引き上げてくださいますように。
    • ちゃうねん
    • 2014/08/03 6:35 PM
    署名しました。あまり伸びていないようですね。
    アメリカの方で、同じくまがったことや理不尽なことが嫌いな方がいらっしゃいました。

    既出ならすみません。
    『アメリカ人が語る、アメリカの社会、戦争、と将来 American society, war, and future, one American speaks 』
    Friday, August 1, 2014

    韓国への反撃の仕方、その他の提案 More ideas on how to fight back to South Korea.
    • りん
    • 2014/08/04 9:21 PM
    リンクがここに張られていません→ http://goo.gl/9eYayf

    なぜか、フェイスブックを開きに行きます。
    修正お願いします。
    • リンクを直してください
    • 2014/08/04 10:14 PM
    韓国政府が来年末を目標に旧日本軍慰安婦問題の"白書"を発刊すると公表しました。特に、慰安婦の制度が人道に反し、国際法的に明白な犯罪行為であることを示していく方針だそうです。(朝日新聞デジタル)

    ですが、この"韓国政府"による公表というのは、日本側に新たなツールを提供してくれるナイスな材料とも考えられるのではないでしょうか。

    相手が自ら自分達の手の内を晒してくれるのですから、これを慰安婦問題の嘘・捏造を暴くためにいろいろ利用できれば日本にとってありがたいことですし、上手に利用すべきだと考えます。例えば、

    ◇公表内容と、証拠に基づいて導き出している慰安婦の実態に差があれば、その点を追求できる
    ◇公表内容と、現在韓国・中国が世界で喧伝している慰安婦問題とに差があれば、その点を追求できる

    韓国政府はどんな内容を公表するのでしょう。これまで同様に、朝鮮戦争時、ベトナム戦争時の慰安婦のことを、主語を"韓国(人、政府)"から"日本軍"に書き直してくるんでしょうか。例えば、当時、日本軍(の前線)には存在しなかった"ジープ"で、日本軍は慰安婦を前線に運んだというような。

    矛盾点をつく題材になればいいですね。
    • Maji
    • 2014/08/05 7:47 AM

    shun様、事務局の皆様、こんにちは(*^ー^*)
    厳しい暑さが続いてますが如何お過ごしですか?
    お体には十分にお気をつけてお過ごし下さい。

    ご多忙の中、字幕を付けて頂き、テキサス親父さんの声を届けて貰える事にとても感謝してます。
    テキサス親父さんの本3冊読ませて頂きました。
    テキサス親父の大正論ではshunさんの思いが温かく伝わってきました。
    どれも痛快で面白く、素晴らしい本ですが最新書籍の「テキサス親父、韓国・中国を叱る」は更に面白く、爆笑しながら一気に読んでしまいました^^
    また、テキサス親父さんの本が8月下旬に出るみたいですね^^
    アマゾンで予約販売となってましたので、そちらもとても楽しみです♪

    署名を希望されてる方へ
    こちらのリンクは間違ってる様でエラーになってしまうので、お困りの方はFBの「テキサスナイト」のリンクから問題なく署名サイトに行けました。
    https://www.facebook.com/texasnightcom
    • りんご
    • 2014/08/07 3:08 PM
    私もリンク先でエラーが出ました。無事署名までこぎつけましたが。
    上の方が7日のコメントですから事務局さんは未だ知らないで
    いるのですね。
    それと寄付ですがペイパルを使うには自分の銀行口座を教えるか、
    ペイパルお薦めの銀行口座を開設するかの選択で躊躇してます。
    カードでささっと払えると思っていました。
    個人の問題であって愚痴になってしまいました(汗)


    • ただの布切れ
    • 2014/08/18 6:36 PM
    WHの署名サイトへの直接リンクは以下です。

    http://wh.gov/ltO1G

    多くの署名が集まりますように!
    • 一念通天
    • 2014/08/18 9:20 PM
    微力ながら署名させていただきました
    私のように恩に感じて続いて署名してくださる人がたくさん来ますように祈っております
    • kaori
    • 2014/08/18 9:48 PM
    BBAの部屋 第9回〜初のトークライブやります〜
    http://youtu.be/A_8WDWzDI2k

    検証「従軍慰安婦」展&トークライブ

    平成26年8月23日(土)
    パネル展:  14時〜20時
    トークライブ:15時〜17時
    入場無料
    鎌倉市/深沢学習センター(きらら深沢)
    http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/gakusyuc/fukasawa.html

    【交通】湘南モノレール「湘南深沢駅」より徒歩3分
    「深沢」バス停(京急バス)より徒歩3分
    「深沢小学校前」バス停(江ノ電・京急バス)より徒歩5分

    BBAの部屋 第10回 〜新チャンネル始めます〜
    http://youtu.be/zcEGYYoW18o

    国連ってどうなの?1日目
    http://youtu.be/2DS02SUx2Sk

    ジュネーブ対国連人権委 調査団帰国報告会 映像による活動報告【藤木俊一・藤井実彦】2014.7.25
    http://youtu.be/KWLo9u7LQcE?list=PL2CQepljpOceK3BUKnVUPmF4SGyWVwUy-

    ジュネーブ国連委員会に参加する方法
    http://youtu.be/PXDP79l6pKM

    Yokohamaさんの動画が更新されていたので、情報を提示しておきます。
    オマケですが、国連委員会報告動画も追加しておきます。
    • ちゃうねん
    • 2014/08/21 2:24 AM
    リンク切れを未だに訂正してない。
    全くやる気が感じられないから、友人にも署名をお願いできなよorz
    •  
    • 2014/08/21 11:21 AM
    リンク先:http://goo.gl/9eYayfをクリックしてもエラーが出たときは「△リンク先に移動」をクリックしたらWHが表示されました。
    • Ken
    • 2014/08/21 8:09 PM
    信じられないくらい数が増えていません。
    妨害イニシャルみたいなのも見受けられるし、何より1万さえ行かないなんて何故?
    今までのホワイトハウスの署名は、これの叩き台じゃなかったの?
    管理人様、もっと頑張って拡散しましょうよ!
    • うなどん
    • 2014/08/23 1:05 AM
    長期間の間の署名サイトのリンク切れがロスの原因でしたね。
    リンク先を早急に修正しておけば沢山署名は集まっていたと思います。
    • 匿名
    • 2014/08/23 11:10 PM
    朝日新聞が慰安婦検証記事の英語版をやっと出した!
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1605.html

     英語が得意な皆様、朝日が英文で変なふうにごまかしてないか、チェックよろしくお願いします。

    参考
    朝日新聞が慰安婦報道で長〜い言い訳。国際問題化させてしまった責任をまるで感じていない。
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1597.html

    朝日新聞の逃亡を許すな!慰安婦検証報道その後…Tweetまとめ14.08.01〜14.08.15
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1602.html

    こちらは英語に明るい方が多そうなので、リンク張らせて頂きます。
    何方か、チェックをよろしくお願いします。
    • ちゃうねん
    • 2014/08/23 11:35 PM
    ■8/20放送 青山繁晴の“ニュースDEズバリ”
    ワシントン緊急取材、安倍政権への期待度は、日米関係を青山ズバリ より引用します

    青山繁晴
    「はい。あの、今日はまあ、お盆明けというタイミングですよね。で、旧盆とお正月っていうのは、正直、不肖私にとっては、海外出張のチャンスで、まあ日本が動かないけど、欧米にお盆はありませんし」
    岡安譲
    「そうですね(笑)」
    青山繁晴
    「欧米は1月2日から仕事なんで、えー、今年もこの旧盆を活用して、どこかに行くということをしたんですが、今回はアメリカの首都、ワシントンD.C.にしました。で、これを、アメリカは勝手にグローバル首都と呼んでて」
    岡安譲
    「グローバル首都(笑)」
    青山繁晴
    「アメリカだけじゃなくて地球の政治を決める、勝手なこと言うなって話ですけれども(一同笑)。ま、大きな影響力を持ってるのは確かで、そこに中国・韓国が集中的に、本当は、こう西海岸とかよく言われますけれども、それもありますけれども、一番、中国・韓国が徹底的に反日工作やってるのがこの、ワシントンなんですね」
    岡安譲
    「ふんふん」
    村西利恵
    「はあー」
    青山繁晴
    「で、中韓が何をやってるかってことを現地でつかむってことが一点と、それからこの『アンカー』で何度も申しました通り、この秋以降、第2次安倍政権は非常に困難な道のりに入っていきますから、えー、オバマさんが来日した後、どうするのかっていうことを、自由な立場で議論するために、ワシントンに行ってきました。えー、最初の今日のキーワードは、これです(フリップ出す)」

    岡安譲
    「『必要とされる日本』」

    青山繁晴
    「はい。えー、ワシントンD.C.、僕もちょっと久しぶりだったんですけれども、日本の役割ってものが現実にこんなに必要とされる議論になった。あー、えっと日曜から金曜までいたんですけれども、これ初めて、ですね」
    岡安譲
    「そうですか」
    青山繁晴
    「はい。だから、当然、課題や懸念も同時に多いわけ、大きい、多いわけですから、その、良い面悪い面合わせて、皆さんと一緒に考えたいと思います」

    <中略>

    村西利恵
    「『日韓関係が悪いままだと、北朝鮮有事のとき、アメリカ軍が動けない。だから、アメリカは韓国に圧力をかけている。日本も歩み寄れ』」

    青山繁晴
    「うーん、これ、まずですね、アメリカは韓国に圧力をかけている。やっぱり、ね、この言葉は非常に印象的ですよね。つまりこれアメリカのやっぱり発想なんですよ。さっき言いましたとおり、8月15日に戦争に勝った側に行きましたけど、韓国は、その戦争に参加してませんから、第二次世界大戦。その、敗戦国じゃない。ね。それでも、その朝鮮戦争で、アメリカ軍に支援を頼んで、それ朝鮮戦争になったわけですよね。あるいはアメリカのほうも、まぁいわば勝手にも行ったわけですけど」
    村西利恵
    「ええ」

    青山繁晴
    「いずれにしても、1945年に戦勝国になったアメリカは、韓国に対しても、日本に対しても、圧力を常にかけて当然だって意識持ってることが、これではっきり分かるわけですよ」

    村西利恵
    「うーん」
    青山繁晴
    「で、同時に、実はアメリカは、決して今の政府のあり方が良いと思ってないけれども、現実に米軍が困ってるんだという、現実のことを言ったわけです。なぜかというと、アメリカ軍、アジアにいるアメリカ軍っていうのは、陸軍は韓国にいて、空軍・海軍は日本にいるんです。なぜかというと、日本の基地の整備能力は世界最高ですから。空軍・海軍をちゃんと整備できるのは実は日本しかないので、だから、そうやって分けて米軍を置いてるから、日韓関係が悪いと、北朝鮮は、不安定になってるから、その有事の時に、米軍がまとまって動けなくなるんで、もう何が何でも、その韓国と仲良くしてくれ、その、慰安婦問題とかいろいろあっても、譲ればいいじゃないか、歩み寄ってくれよって言われたんで、僕は何て答えたかというと、こう答えました」

    村西利恵
    「青山さんは、『Extremist、過激主義者のままの朴大統領とは、歩み寄れるはずがない』と言った」

    青山繁晴
    「はい。韓国全体に対して、日本が何かした事実は、何もありません。関係が悪化する理由をつくったのは、韓国国民でもなければ、日本の政府や国民でもなければ、朴槿恵大統領その人です。ね。そして、これはたとえば安倍総理をはじめ、政治家や、あるいは国会議員や官僚が言えるはずのない言葉、でも世界で言われてる言葉は、She's just extremist. extremistっていうのは、すごくほんとは強い言葉で、その、極端な人って訳す人もいるけど、いやいやそんなもんじゃな
    • ちゃうねん
    • 2014/08/24 12:33 AM
    続きです
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1604.html

    村西利恵
    「青山さんは、『Extremist、過激主義者のままの朴大統領とは、歩み寄れるはずがない』と言った」

    青山繁晴
    「はい。韓国全体に対して、日本が何かした事実は、何もありません。関係が悪化する理由をつくったのは、韓国国民でもなければ、日本の政府や国民でもなければ、朴槿恵大統領その人です。ね。そして、これはたとえば安倍総理をはじめ、政治家や、あるいは国会議員や官僚が言えるはずのない言葉、でも世界で言われてる言葉は、She's just extremist. extremistっていうのは、すごくほんとは強い言葉で、その、極端な人って訳す人もいるけど、いやいやそんなもんじゃなくて、もうとにかくその、過激過激に、自分でブレーキが利かなくなるっていうイメージなんですね。今、朴槿恵大統領のやられてる反日政策なるものは、単なる外交政策を超えて、その、朝日新聞の誤報問題もありますけれども、朝日新聞が、そんなの今さら訂正しても遅すぎるぐらい極端な過激主義者になってて、その朴槿恵大統領をそのままにして、歩み寄るなんてことは、その、国際基準とも違ってるから、できませんと。ね。だから圧力をかけてるそうだから、朴槿恵大統領に、まず歩み寄りを要求しないと、日本の側から動くことありませんってことを、自由な民間人の立場として、申しました。すると、それまで彼はですね、さっき言ったとおり、もうこうやって、あの、えー、すごく接近戦で、話してて、お互いにメモは取ってなかったんだけど、その時だけ、メモを、こう取る手になって、じゃあ朴槿恵さんに何をさせればいいんだいって言うから、そんな過大なこと要求しないと。朴槿恵さんがたとえば歴史問題について、日韓、双方の、歩み寄りや勉強が必要ですねと、ね」
    岡安譲
    「うん、双方」
    青山繁晴
    「双方って言葉を一言言っただけで、いちおうのきっかけはできる。もちろんその先は大事ですけど。その先を、いや、そのきっかけを日本がつくるわけにはいきませんと、言いましたら彼は、その、手にした、ペンで、しっかりそれをメモしましたから、あえて申しますと、オバマ大統領にもう伝わってると思います。で、これは、まあ僕たちのこれからの考えどころでもあります。その上でですね、彼がもう一度、さっきのロシアよりもさらに激しく詰め寄ってきたのが、実はこの日韓関係を通じて、中国のことを詰め寄ってきました。はい、出して下さい」

    村西利恵
    「日韓関係が悪化して喜ぶのは中国だ」

    青山繁晴
    「うん。実はですね、この専門家と、僕はここは意見一致したんですよ。つまり中国は、この、北朝鮮に、この習近平国家主席はまだ、訪朝してないですよね、金正恩体制になってから。それなのに朴槿恵さんのとこ行ったわけですよね(一同同意)。だからもう、中国は韓国を呑み込んで、それによってこの日韓を切り離して、日米韓の、その、同盟関係も壊そうっていうのは、これ目に見えてるわけで。その日韓関係が悪化して喜ぶのは中国なのは、これは事実なんですよ。だからと言ってこちらから、歩み寄れっていうのは無理、だから、僕はさっき、まあ、一国民として、の視点ですけれども、日本側の条件を出したわけです。さあ、この上でですね、このアジア専門家っていうのは、今のオバマ政権は特に、中国の親中派が多い、中国への親中派が多い。これはハワイの、太平洋軍司令部でも、パンダハガーって言葉を出しましたね(一同同意)。パンダにしがみついてる人、がいたりするぐらいだと、いうことをこうたくさん言いまして、そして、この非常に高名なアジアの専門家に、僕はあえて、幼稚な質問をぶつけたんです」
    岡安譲
    「幼稚な」
    青山繁晴
    「はい。えー、幼稚な質問ってのは何かというと、こうです」

    村西利恵
    「青山さんがアジアの専門家に聞かれたのは、『中国をどう思う?』という、ストレートな質問(一同ざわ)」

    青山繁晴
    「はい。これあの、えー、中学程度の英語なんで、このまんま言いますとね、How do you feel about China?って言ったわけですよ。もうほんとに子供が聞くような質問で、この専門家はズルッと(すべり落ちるポーズ)、ほんとにですね。そして、それはいくら何でも、質問大きすぎるだろうと。too big questionと、その、やっぱりアメリカ人らしいストレートな言い方で答えたんですが、でもこの質問が、結局、本音を引き出すことになるんです。えー、それを後半お話ししますけれども、キーワードはこれです(フリップ出す)」
    村西利恵
    「ここで後半に向けてのズバリキー
    • ちゃうねん
    • 2014/08/24 12:42 AM
    続き・・・といいいたいところですが、その前にこちらを紹介します。

    在米慰安婦工作で韓国は中国の戦略に組み込まれている!青山繁晴「インサイト・コラム」より
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1601.html

    青山繁晴
    「で、まず今回、ちょっとワシントンD.C.は久しぶりだったんですけれども、空港に着いて、すぐに、会った人にいきなり言われたのが、青山さん最近、えー、どれぐらいの数の日本人がここにいて、そして中国・韓国の人は、どれぐらいこの、政治首都、アメリカの経済首都はニューヨークですが、政治の首都はこのワシントンD.C.です、中韓はどれぐらいいますか、あの、いるか、ご存知ですかと聞かれまして」
    坂田周大
    「ほう」
    青山繁晴
    「えー、まあ、あの、日本人はとても少なくて中韓が大変増えてることはよく分かってるんですが、あの、つまりこの人の言ってるのは、統計で表れてる数字だけではなくて、ずーっといわば日々カウントしてる、具体的な、たった今の数字だとどうなるかって話なんですが」
    坂田周大
    「はい」
    青山繁晴
    「ざっと言うと、これが、韓国の人が、10万人」
    本庄麻里子
    「ふーーん」
    青山繁晴
    「ええ。で、中国の人が、7万人」
    坂田周大
    「はぁーー」

    青山繁晴
    「日本人は、えー、リアルタイムで何人ぐらいだと思いますか」

    坂田周大
    「えー……」
    青山繁晴
    「10万と7万と、そして日本が…」
    坂田周大
    「いや、同じぐらいいるんじゃないかとイメージがあるんですが…」
    青山繁晴
    「ああー」
    坂田周大
    「それ、そんなに、いない、んですかね」
    青山繁晴
    「これが6000人なんです」
    坂田周大
    「ええーっ!?そんなに少ないんですか」

    青山繁晴
    「はい。だから、10対7対0.6、なわけです」

    坂田周大
    「はぁー、びっくりしますね」
    青山繁晴
    「で、しかもこれ、人口で考えますと、もちろん中国は、本来の人口、圧倒的に多くて、その次が日本で、えー、韓国はずっと日本よりも少ないわけですね。その韓国が一番多くて、10万人、送り込んでるって言い方が、いいかどうか分かりませんが、実は、僕にこれを、示した人は、送り込んできたと。つまりアメリカの側から見ると、韓国から10万人が送り込まれてるっていう、感触なんですね」

    <中略>

    青山繁晴
    「ですから、あの、先ほどは、韓国の人が一番多くて10万人いてって話しましたけれども、韓国の実益に結びついてる点は実はそんなには大きくないですね」
    坂田周大
    「うん、うん」
    青山繁晴
    「で、問題はその、アメリカが、背景にいるとみなしてる中国に対する見方なんですが、この一番驚いたのは、非常に重要な人物の、言葉として、えー、習近平国家主席が、極めて軍をよく把握してて、そして理想主義者で、素晴らしい指導者だと、手放しでほめるので、えー、僕なりに反論しまして、要はあなたにとって習近平国家主席、中国のトップは、共産主義者なのか、それともアメリカに利益をもたらす人なのか、どっちなんですかと。つまり、アメリカは、民主主義を掲げるアメリカが、その、日本の民主主義じゃなくて、中国の独裁主義・共産主義に近づく、そのいわば役割をあなたは担ってるんじゃないかっていうことを、言ったわけですけれども」
    坂田周大
    「はい」
    青山繁晴
    「目が泳ぎまして、それに対して答えなくて、えー、逆に、日本が、どんなアメリカの役に立つと、いうのですかという反論があったわけです。で、もう時間がなくなりましたけれども、その時に私が答えたのは、この、8月15日が近づいてくる、アメリカはそこで戦争に勝った。勝ったために、逆にずーっとアメリカは戦争を続けてこなきゃいけなくて、イラクで4500人の若者を、殺されておきながら、今、イラクが、実は解体しようとしてる時に、ごく限られた空爆を、よく分からないままやって、よけいに悲劇を大きくしてると。そうすると、アメリカのために日本が何をしてくれるかって発想じゃなくて、日本とアメリカの連携っていうのが、本当は、アジアの民主主義を前に進めるためには、あるいは、世界に新しい平和をつくるためにはどうするかって発想でなきゃいけなくて、アメリカのために何をしてくれるかって発想でいると、中国の独裁主義を、まるで、良いもののように認めてしまうことになると。だから本当は日本の役割は大きいってことを申しまして、えー、もう、また来週続きをお話ししようと思いますけれども、意外に、安倍さんに対する期待というよりは、安倍総理という決められる総理大臣を送り出した日本国民に対する期待っていうのをまた、ア
    • ちゃうねん
    • 2014/08/24 1:14 AM
    先程の続きです
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1604.html

    岡安譲
    「中国をどう思うという、青山さんの質問に対して果たして、どうなんでしょう」

    青山繁晴
    「あの、彼はそのあと、答える前に何度もですね、どうしてそんな聞き方をするのっていうように、何度も聞いたんですが、僕はあえて何も答えずに、じーっと、まあ彼の目を見てて、まあ、あの、そのうちやっぱり彼も、ははー、やっぱりそうだよねっていう目になったんですよ。それは、要するに、根本的にはどう思ってるんだと。つまり、14億をはるかに超える人口があって、オバマ大統領はモノを売るマーケットとして大事にしてるとか、いろいろありますよね。戦略対応もやってますね、米中で。しかし本当の本音として、アメリカの民主主義から見て、中国、っていうのは一体何なんだということを聞いてると、いうことはやっぱり彼は、ごちゃごちゃ、ごちゃごちゃじゃない、いろいろ、変な質問だとか言いながら、やっぱり分かってきたのか、こう、すごくクールな、そして、見掛けはちょっとハリウッドスターのような、かっこいい人なんですよ。ね。その人が突然、こうなったんです」

    村西利恵
    「このアメリカ政府幹部が、絶叫して、言い出したと。ちょっとこれたぶん、青山さんに再現してもらったほうがいいと思うんですけど。お願いできますか」
    青山繁晴
    「I don't believe in any politician in China! I don't! I never!(絶叫)ってこれ報道番組かって感じになりましたが(一同笑&ざわ)。もう声が裏返り、そしてあの、丈夫な、要するに秘密保持のための、あの建物のドアも突き抜けるんじゃないかって、秘書がやって来るんじゃないかっていうぐらいの声で、絶叫で、中国の、共産党も軍もって言いました、彼は、ね」
    http://youtu.be/VxgDbBbUHwE
    1;00〜

    岡安譲
    「ほう」
    青山繁晴
    「The Communist Party, even army、ね、信用なんかするわけないと。そしてはっきり、Xi Jinpingっていう、ね、英語でシー・チンピンって言いますけど、習近平国家主席をはじめ、みんな、大嘘つきだと。それを、まあどれぐらい、5〜6分、もうちょっと長いかもしれない。僕はもうじーっとこうやって、あの…」
    村西利恵
    「反応を見ておられたんですね」
    青山繁晴
    「聞いてましたけど、すごい絶叫をしてですね。それだから苦労をしてるんだと。そして彼がその勢いで、たとえば明かしてくれたことのひとつは、このワシントンD.C.で一番、反日工作をやってるのは、あなたが知ってるとおり韓国だよと。人数も多いしカネも多いように見えるけど、そのお金は、チャイナが出してるんだよ、だからチャイナが、反日工作を真っ直ぐ真ん中でやってればまだマシだけども、その、韓国を通して、韓国はそうやって使われてるんだよと」
    一同
    「うーん」
    青山繁晴
    「だからアメリカは、その、大嘘つき、いかなる場面でも、ウソが優先する、中国と、それに使われている韓国と、何とかしなきゃいけないので、日本に協力してほしいと言ってるのに、あなたは極めて非妥協的で、私の言うことにいちいち反論するって、言われたから、それは私は国民の立場で言ってるんだと、いうことを言いましたら、彼はさらに、じゃあ、もっと言おうと。安倍総理にほんとはどうしてほしいかというと、これなんだと、2つあるんだと、言い出したのがこれです」

    村西利恵
    「その2つというのがこちらです。『尖閣諸島は日本から手出ししないでもらいたい』。そして、『安倍総理は任期中に靖国に参拝しないと、水面下で中国に約束してくれ』」

    青山繁晴
    「これは、実はですね、彼によると…」
    村西利恵
    「すごく中国の意に沿った内容ですよね」
    青山繁晴
    「意に沿ったとも見えるし、実は彼によるとですよ、つまりオバマ大統領本人に確認できてないけど、オバマさんが来日した時、ほんとは安倍さんに言おうと思ってて、準備した想定問答に入れてたけど、オバマさんと安倍さんの雰囲気でついにオバマさん言えずに帰ったそうですよ」
    村西利恵
    「そうなんですか」
    青山繁晴
    「ね。で、今もその願いはオバマさんも持ってると。ね。だから、マーケットとしての中国を大事にして、アメリカの、要するにあんまり優秀じゃない製品も買ってくれる中国、アメリカを憧れてくる中国を大事にしたいって意味なんですよ。で、僕は、民間人の、つまり国民の一人として何と答えたかというと、これ言い方はきれいだけれども、これ中国の棚上げ論にそっくりに
    • ちゃうねん
    • 2014/08/24 1:50 AM
    続きです
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1604.html

    青山繁晴
    「ね。で、今もその願いはオバマさんも持ってると。ね。だから、マーケットとしての中国を大事にして、アメリカの、要するにあんまり優秀じゃない製品も買ってくれる中国、アメリカを憧れてくる中国を大事にしたいって意味なんですよ。で、僕は、民間人の、つまり国民の一人として何と答えたかというと、これ言い方はきれいだけれども、これ中国の棚上げ論にそっくりになってくる。ね。こんなことを中国に絶対約束できませんと。結果として、たとえば、警察官の常駐が、をなかなか実行しなかったりいうことあるかもしれないけれども、それまさしく安倍総理の政治判断で僕ごときが言うことじゃないけれども、しかし日本から新たな動きをしないってことを、その、11月、北京で日中の首脳会談やるための条件なんかに絶対しないと。それは棚上げ論に乗っかることになって、棚上げ論が何でいけないかというと、1970年代になってから突然中国が尖閣諸島は自分のものだと言い出した、その、ウソだと、そのウソの話まで棚上げになっちゃうと。いったん棚上げにするってことは領土問題があるってこと認めるってことだから、過去のいきさつは、いったん水に流されてしまうんで、絶対それはできません。そして、あと、もっとできないと。ね。それで何と答えたかというとこれです」

    村西利恵
    「『水面下の約束など、しない』」

    青山繁晴
    「彼は何て言ったかというと、これは実はアメリカにとっては、靖国参拝っていうのは、どうこう言う話じゃないって言ったんです。これ実は新しい言葉なんですよ。つまりオバマ政権、安倍さんを軍国主義者とか歴史の見直し主義者、修正主義者と言ってきたことを、もうやめたと彼は言いました。靖国参拝は日本の考えることであってアメリカの介入することじゃないっていう考えに、われわれ至ったと。しかし水面下でいいから中国に任期中には靖国行かないと、約束してくれって言うから、僕は水面下の約束自体をしないんです、って言ったんですよ。beneath the water、ね。水の下で約束したことを必ず中国は、そのあと、反日活動に活かすであろうし、そして、いわばクールな彼に、分かってほしいと言ったのはこれなんです。出して下さい」

    村西利恵
    「それが、アーリントン国立墓地」

    青山繁晴
    「はい。これは、ホワイトハウスからも近い、アーリントンの国立墓地、僕は再びお参りをして、自分で写真を撮ってまいりました。このアーリントン国立墓地っていうのは、まあ、無残な墓地でもあります。これだけたくさんの人が、見渡す限りの人が戦争で無残に殺されていったんですから。でも、それはアメリカ人の、魂のふるさとでもあるんです。この人たちの犠牲によって今のアメリカは成り立ってる。そこに、合衆国大統領が任期中に行かないってことを、いかなることがあっても中国に水面下で約束しますか?と。靖国神社は、まさしくアーリントン国立墓地と同じ、それぞれの文化に従った、私たちのために、亡くなった方を、尊敬する施設であって、そこに行かないって約束をしたら、日本はおしまいだと、言いましたら、彼はじーっと僕の目を見て、今度は、飯食いましょうと、いう約束をして別れました。その個人的なことはさておき、一番最後に、もう時間ないですが分かっていただきたいのは、日本を必要としてる時代に入ったってことです。それは、アメリカと中国の関係、米中の二国でやるってことを、日本のメディアはさんざん言ってるけど、とんでもない、ワシントンに行ってみたら、日本の役割をアメリカがずーっと、実は期待してて、その中に韓国との問題もあり、そしてたとえば法人減税の問題を彼が持ち出したっていうのも、経済においても、日本の役割っていうのが今までになく大きくなってる。ね。それを、私たち国民の問題として、安倍政権もいつか終わるんです、日本国は終わらない、国民は終わらないんですから。僕たちの課題として考えて行きたいと思います」

    岡安譲
    「はい。ありがとうございました。以上、“ニュースDEズバリ”でした」
    (いったんCM。番組最後に)

    岡安譲
    「今回、アメリカに青山さん行かれて、日本がこんなに必要とされてると私あの、意外に思ったんですけれども、意外と日本人知らないもんなんですね」
    青山繁晴
    「そうですね。それは実はですね、やっぱりアメリカの衰えなんですよね」
    岡安譲
    「ああー」
    青山繁晴
    「その、オバマ政権中枢の人々でもやっぱりオバマさん、についていろいろ僕に弁解しなきゃいけない」
    一同
    「うん」
    青山繁晴
    「オバマさんだってちゃんと仕事
    • ちゃうねん
    • 2014/08/24 2:05 AM
    続きです
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1604.html

    青山繁晴
    「オバマさんだってちゃんと仕事してるんだとか、決定できるんだっていうね。そういうアメリカって今まで見たことがない」
    岡安譲
    「ええ」
    青山繁晴
    「で、これは、だから世界をやっぱり不安定にしてて、あのパレスチナの問題も起きてるわけですよ」
    岡安譲
    「いや、そうなんですよね」
    青山繁晴
    「日本の今までになかった役割が、その、期待されてるだけじゃなくて現実に必要となってるってことですよね。その自覚を持ちたいです。敗戦国の自覚よりも、そっちの方がもう大事です」

    岡安譲
    「未来志向で私たち国民も考えていかないといけないという」
    青山繁晴
    「はい、現在と未来です」

    新韓国大使が着任 「未来志向の関係へ最善尽くす」
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140823/kor14082319470006-n1.htm

     韓国の柳興洙(ユ・フンス)・新駐日大使(76)が23日、羽田空港に到着し、記者団に「両国関係が厳しい時期に着任し、重い責任を感じる。安定した未来志向の関係になれるよう最善を尽くしたい」と抱負を述べた。

    この韓国駐日大使ですが、青山さん曰く、アメリカが韓国に水面下で圧力掛けた結果、着任することになった人物そうです。

    年が70代後半ということは、日韓併合時代を体験されたの方ですよね?
    だからといって、手放しで歓迎は出来ません。この人がどういう大使なのかを見極めなくては。

    しばらく静観しようと思います。
    • ちゃうねん
    • 2014/08/24 2:41 AM
    (このページの内容と離れてしまいますが)
    アメリカ軍の訓練でイルカ・クジラが被害にあっていることには何も宣伝・抗議行動をしないシーシェパードが、今シーズンも和歌山太地町には集結し始めているようです。
    • Maji
    • 2014/09/02 7:01 AM
    ほんとかどうか、確認できませんが。
    これが本当なら、グレンデールの裁判は?

    えっ、まじ瓦版 「米国最高裁は、売春婦問題について、全て解決済みの判決を確定させています。」
    http://garo.co.jp/inoue/?p=1599
    • 米最高裁、06年に慰安婦問題は却下済み?
    • 2014/09/05 1:20 AM
    最近、朝日新聞叩きが日本中でブームになっています。現在の日本政府・メディアの論調は、
    朝日新聞の誤報が国内メディアだけでなく韓国が(報道を)真実だと信じた、そのため今日の日韓関係の悪化を招いた、
    となっているような気がします。

    もちろん、朝日新聞の報道が日本を貶め続けたことに関して一切異論はありませんが、現在の朝日新聞叩きについては違和感を感じています。

    それは、朝日新聞が 32年もの間吉田証言を含めて事実とは大きく異なる慰安婦問題を報道し続けることができたのは、日本政府がお墨付きを与えていたからではないかと思うからです。

    そう考える根拠は、

    −1992年(平成4年)7月6日に加藤紘一元内閣官房長官が発表した談話
    −みなさんがご存じの、1993年(平成5年)9月4日に発表された河野談話
    −1996年2月のクマラスワミ報告書に対して
     翌3月に作成・国連人権委員会(現人権理事会)に
     提出した反論文書(42ページ)をすぐに撤回
    −2013年の河野談話検証ではっきりとした、
     当時の韓国への日本政府の政治的配慮

    です。すべて"当時の日本政府"が日本軍の強制性を認めているのです。

    秦郁彦氏を始め多くの方が吉田証言の信憑性に疑義を唱え続けたにも関わらず、朝日新聞が32年間もの間虚偽報道を続けてこられたのは、日本政府のお墨付きがあったからこそではないかと感じます。

    現在の朝日新聞叩きは、故人である吉田清治氏個人へ責任を押し付けることによって(死人に口無しですかね)、河野談話、それ以上に米国が日韓関係の悪化に不快感を示しているために、韓国に対する日本国民の悪感情を逸らさせるための日本政府主導の世論操作ではないかと考えるのは、私の妄想でしょうか。
    • Maji
    • 2014/09/13 9:54 PM
    韓国から米軍を撤退させろ!ホワイトハウス署名したいが、これではどうするのか全くわからない。英語が全く使えないでこのURLをクリックしても、そのあとどこをクリックすれば署名する所に行くのかわからない。
    いちぶの人しか署名できないなら、この活動は意味がない。
    • 倉持 正
    • 2014/09/21 8:06 PM
    >米最高裁、06年に慰安婦問題は却下済み? さん

    グレンデール市慰安婦像撤去訴訟講演会報告動画
    https://gahtjp.org/?p=450
    グレンデール市慰安婦像撤去訴訟講演会報告動画 2
    https://gahtjp.org/?p=465

    2014年7月6日に米国トーランスにて開催いたしました「グレンデール市慰安婦像撤去訴訟講演会のご報告」動画をYoutubeにて、公開いたしております。

    >倉持 正 さん

    http://wh.gov/ltO1G
    The petition you are trying to access has expired, because it failed to meet the signature threshold.
    それは、署名のしきい値を満たすために失敗したため、アクセスしようとしている請願は、期限が切れています。

    この署名は、規定の期限内に署名を目標値まで達しなかったので打ち切られました。
    • ちゃうねん
    • 2014/09/27 12:24 AM
    追記です

    グレンデール慰安婦像撤去訴訟の新たなる戦い
    https://gahtjp.org/?p=445

    州裁判所への追加措置
    https://gahtjp.org/?p=453

    「歴史の真実を求める世界連合会」GAHT
    https://gahtjp.org/

    緊急対談 テキサス親父×アパ代表 傲慢朝日を断罪「真摯な会見と思えなかった」
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140919/dms1409191140009-n1.htm
    • ちゃうねん
    • 2014/09/27 1:29 AM
    ■9/17「アンカー」朝日新聞“誤報”と“謝罪”の真相&スコットランド独立なら世界が変わる国連も変わる!? より抜粋します
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1617.html

    村西利恵
    「今月11日です。朝日新聞が誤報を謝罪しました」

    青山繁晴
    「はい。これが、どういうことだったかっていうのを、まずパッと見てみましょう」
    村西利恵
    「謝罪した内容ですね。今年5月20日に報じられた福島第1原発の所員の9割が、『故・吉田昌郎元所長の命令に違反し撤退』と報道されたこと。1つめはこちらです」
    青山繁晴
    「はい。で、2つめがこの…」
    村西利恵
    「はい。『韓国人女性を強制連行した』という故・吉田清治氏のウソを報道したという、これ、1982年から始まった報道についてです」
    青山繁晴
    「そうです。だからこれは32年間続いてきたウソの報道を、なぜ今になって、誤報と認めてしかも、そのあと謝罪したのか。それから、この、いわゆる吉田調書の件でも、5月に、一面トップで、バーンとやってて、そのあとも絶対これは正しいんだと言って、これは、誤報ですよって僕も言ったんですよ? で、僕には朝日新聞は何も言ってこなかったのに、同じことをおっしゃった、門田さんっていうね、門田隆将さんってノンフィクション作家に脅しをかけて、この、裁判起こしてやるぞとか何とかね。で、僕の発言もFLASHって雑誌にそのまま実名で出てるのに、FLASHには、朝日新聞、脅しかけたのに、僕には言ってこなかったですよ。ね。で、まあ、その、朝日新聞ってそういう不思議なことをなさるけれども、その、視聴者からの質問が何に集中してたかというと、そもそも、何で今になって、たとえば32年前の話を自分で蒸し返して誤報だと言って、さらには一面トップ、誤報だと言って、その、謝罪したりするんですかと。ね。なぜ誤報になったか以前に、何で、今、このタイミングで謝ったりするんでしょうかっていうね」
    岡安譲
    「そうですねー」
    青山繁晴
    「ごく真っ当な疑問が寄せられました。実はその疑問はとても正しくて、両方とも、背景があるんです。そのうちの1つ。まず吉田調書、についてはこれです」

    村西利恵
    「安倍総理が『吉田調書』公開を決断したから」

    青山繁晴
    「はい。これはですね、えー、言える範囲で正確に申したいんですが、えー、内閣改造について、たとえば石破さんのことについて、僕は幾分か、自分の問題提起を、官邸の側にお話をしました。で、その時に、その、僕の意見はほとんど参考にしてないと思いますけれども、そういう意見をこう聞きながらですね、その官邸の側から、いわば逆質問があったのは、その朝日新聞の件について、他のテレビでは放送してないのに、8月5日6日の朝日新聞の最初の報道、えー、吉田清治証言、慰安婦に関する証言を、この吉田(昌郎)さんじゃなくて、その、こっちの吉田(清治)さんについて、取り消しますって記事が出た時に、他のテレビは全然やらないのに、水曜アンカー、ちゃんと水曜アンカーって、ね、官邸の側はおっしゃいましたが、水曜アンカーではやりましたよねと」
    岡安譲
    「トップでやりましたね」
    青山繁晴
    「それで、じゃあそういう青山さんから見て、その、朝日新聞問題についてどうすべきだと思いますかと、言われたんで、これは、官邸が前に出たりするのはおかしいですと。で、それは、まずその、国民が正していくべきことであって、権力が言論に介入するっていうのは慎重にやらなきゃいけないってことを申したんですよ。で、その議論のあとにですね、実は、安倍総理ご自身が、吉田調書、つまり、その、あの、8月5日6日の慰安婦の件の前にですね、こういうもの(朝日の吉田調書の報道)があって、実は、根っこが同じだから、朝日新聞に反省を自然に促すとしたら、この、もう一人の吉田さん、亡くなった、素晴らしいリーダーだった吉田昌郎さんがほんとは調書で何を言ってるかを公開したら、それは、青山の言った、その、国民に判断していただくってことにもつながるんじゃないか。つまりその時に改ざんして、その、公表するんじゃ、当然なくて、吉田調書を公開したら、それを国民が読むことができて、何が本当なのかをご自分で判断できるから、公開しようってことを最終的には、安倍さんが決断したんですよ。それが、朝日新聞側に、実は伝わりました。これ僕の責任で申します。そしたら朝日新聞がコロッと態度を変えて、その突然、こないだの、木村社長の会見になったんですよ。つまり、公開されちゃうと、朝日が、えー、吉田所長の命令に、9割の所員が逆らって、違反して、勝手に撤退したってのはウソだと。吉田さんがおっしゃってるの
    • ちゃうねん
    • 2014/09/27 1:57 AM
    続きです
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1617.html

    青山繁晴
    「・・・福島第2原発に行ったってのは正しい判断だと、言ってるんだから、ウソだってことがばれちゃう。ばれる前に、ね、政府が公開しちゃう前に、その、社長が、謝ろうとしたんですよ、これは。だから何を言ってるかというと、日本を救ったり、あるいは報道の自由を守るためじゃなくて、朝日新聞、自分を守ろうとしたんです。それが本当の動機であって、その時に、この慰安婦問題についても、実は一緒にやったほうが有利だっていう判断になった。その背景っていうのはこれです」

    村西利恵
    「すりかえに失敗したときに備える」

    青山繁晴
    「8月5日6日の紙面をもう一度できればご覧になっていただきたいんですが、朝日新聞が、この吉田清治さんっていう病的な嘘つきを信じて、日本軍が韓国人女性を強制的に連れて行ったっていう、そのウソを、確認もしないで報道しちゃいましたと。ね。そこだけに目を向けさせて、しかし、女性の人権問題は重大なんだと。日本の責任はやっぱり重くて、朝日は実は正しかったんだと、いうことを強調するために本当は、8月6日に、やろうとして、それ韓国と連携してるんですが、朝日新聞、僕は朝日新聞に知友多いですが、朝日新聞の内部からも、今の朴槿恵政権のような極端な反日でやってて、その韓国のやろうとしてるすりかえと、うちの朝日新聞が同じだと思われると、これ失敗するかもしれない。だからそれに備えるために、もう、自分たちはちゃんと謝罪しましたっていうことを、この同じ吉田(昌郎)さんの話でやらなきゃいけなくなった時に合わせてこれ(吉田清治)も一緒にやったっていうのが本当のところなんです」
    岡安譲
    「そういうことなんですか」
    青山繁晴
    「はい。で、これはですね、朝日新聞だけを非難して言ってるんじゃなくて、敗戦後の日本の、代表的な知性というものが、常に、国民、国家のことを本気で考えるよりも、常に自分の立場、自分の属してる組織を守ろうとする、それが、実は、知性の顔をして、はっきり言うと大きな顔をしてきた70年だったと、敗戦後の70年だったというふうに、僕自身も含めて、みんながこれ振り返る、良い、いわば判断材料になると思うんですね。さあその上で、視聴者からの質問、そのままちょっと紹介したいんですね」

    村西利恵
    「ギモズバ!に、お寄せいただいたご意見です。『そもそも「悪意」がなければ、(慰安婦報道について)30年以上も放置するわけがない。吉田調書はソースを調べれば、朝日のような認識に至るわけがない。(中略)これのどこが誤報? 明らかに悪意という名の故意によるねつ造が含まれている』」

    青山繁晴
    「僕はこれは感心して、拝読したんですね。あるいは安心して拝読した。さっき、敗戦後の知性の在り方を言いましたが、その、健全な日本国民の意識というのはちゃんと事実を見てて、これ、誤報じゃないんじゃないですかと。ね。単なる誤報だったら、その、30年間もその真っ赤なウソを放置するわけがない。これ、実際に朝日新聞は途中でウソに気がついたんですね。だから少しずつ報道しなくなってたわけですよね。それから吉田調書について言うと、ちょっとこの表現難しいです、ソースを調べればっていうのは、吉田調書そのものを入手したと、朝日が全文入手したと書いてたんだから、それまともに読んだら、吉田さんが、所員が、自分の判断も、自分たちの判断も含めてですね、自分の命令にはそれが含まれてなかったとしても、福島第2原発に行ったのは、いったん待避したのは正しかったと、いうことを明言されてるし、その、全面撤退なんて誰が馬鹿なこと言ったんだってことも言われてるから(一同同意)、調書を読んだら、朝日のような、みんなが勝手に逃げたって認識に至るわけがないと。それは誤報っていうんじゃなくて、もともと悪意があって、捏造したんじゃないですかっていう疑問なんですが、これ実に、問題の一番深いところを突いてると思うんですが、それを後半お話ししますけれども、後半のキーワードはこれです(フリップ出す)」
    村西利恵
    「ここでズバリキーワードは、『中国が見ている』。朝日新聞の問題についてはこのあとも詳しく解説していただきます」
    (いったんCM)
    岡安譲
    「疑問にズバリ、朝日新聞の問題について、再び青山さん、よろしくお願いします」
    青山繁晴
    「はい。このいただいた質問メールの中で、これ単なる誤報ではないんじゃないかと、いう問題意識が、示されてますね(一同同意)。これ、実はそのとおりで、根っこにあるのは何かというと、これです」

    村西利恵
    「それは、反日」

    青山繁晴
    「は
    • ちゃうねん
    • 2014/09/27 2:12 AM
    続きです
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1617.html

    村西利恵
    「それは、反日」

    青山繁晴
    「はい。日本を貶める、ことが正しいんだと、いう思い込みが、天下の朝日新聞にも、ガーンとあってですね。で、したがって、たとえば、吉田清治っていう嘘つきであっても、本人は日本軍にいたと言ってて、気の毒な朝鮮人女性を連行したと言ったら、反日の観点から言ったら、ま、確かめる必要を感じない。もう日本を貶めることは基本的に正しいんだから」
    岡安譲
    「鵜呑みにしちゃう」
    青山繁晴
    「それを報道することは、その、吉田清治っていう人の良心の告白って扱えばいいんだっていう発想に行くわけですよ。ま、正直20年、メディアにいました、共同通信にいましたから、どうやって記事がデスクに上がっていくかも、ま、そういうことだろうと。これ、良心の告白にしたらいいんだよと、だから吉田清治氏を、時の人にすればいいんだよと、いうのも分かるわけです。でも根っこに反日っていう気持ちがあるから、そういうプロセス、悪いと思わないんですよ。それから、福島第1原発の事故についてもですね、えー、たとえば、勇気ある50人といわれた。本当は70人以上いらっしゃるんですが、最後の最後までとどまっていて、日本が、あのひどい原子力災害の最中でも、世界から賞賛されたんですね。するとこれ反日からしたらそれ許せないんですよ。本当はそうじゃなくて、みんな吉田所長の命(めい)に逆らって、逃げちゃったんだと、いうことにしたほうが正しいっていう気持ちがあるんですね、根っこの考え方は。ちなみに僕は朝日新聞の友だちに電話しまして、逃げたならおかしいだろうと。福島第2原発っていうのは、事故現場から、12キロしか離れてないと。逃げたんだったら、どうしてもっと遠くへ行かないの。あの時、20キロ圏内が警戒区域、誰も入れないって言ってたんですよ? 何でわざわざ警戒区域の中にとどまってるのにそれが逃げたことになるんだって言ったら、うーっとこう、電話で詰まってですね、でも基本的に、たとえば青山ちゃんは日本を褒めすぎなんだよっていうふうに言ったわけですよ。で、僕は、君がそうやって反日の立場でいるから、何もかも色眼鏡で見るようになるんだよ、って言ったら、彼は、いや、僕、けっこう長い付き合いの人なんですけど、ちょっとここまで言っちゃいましたけど、電話を切っちゃいました。朝日の今、大幹部ですよ? 僕と同じ時期に政治部にいた人ですけれども。で、これは朝日新聞が悪いって話を例によってしてるんじゃなくてですね、その、誰かだけを悪者にする話はしません、この『アンカー』で。いつの場でも。この、こういうのは、そもそも、敗戦後に日本にずーっと共通しててることなんですよ。特にメディアに。それは、どういうことかというと、これです」

    村西利恵
    「朝日新聞こそ戦争を煽ったから」

    青山繁晴
    「実は朝日新聞は戦前からあってですね、その、戦え戦え、若者よ戦地に行けってことを、徹底的に煽った、その、大新聞そのものなんですよ。たとえば、毎日新聞もそうです。今よりはるかに大きな、一流紙としての毎日新聞の存在だったし、僕の古巣の共同通信は、同盟通信っていう名前で、国営通信社だった。そして僕は共同通信に入って最初の記者研修で、教わってびっくりしたのは、同盟通信はかつて、中国だけで68の支局があったと。ね。それは国営通信社だからでもありますけど、でも要するに戦争を遂行する立場なんですよ。朝日は煽り、同盟通信はもっと軍部と直接結びついて、戦争を遂行したんで、戦争に負けたら、ね、生き残るためには、さっき言いましたとおり、組織を守るためには、ガラッと立場を変えて、その、日本は悪うございましたっていう側に、煽ったからこそ、あるいは同盟通信も含めて、同盟通信は共同通信と時事通信に解体されたわけです、GHQによって。で、朝日新聞は、そんな解体されないためにも、反日が正しいってことにならざるを得なくて、そうすると、これは、実は朝日新聞だけの問題じゃなくて、その日本のメディア全体を考えますとね、たとえばですよ、その吉田調書全部公開された中に、吉田さんの、吉田、今度は吉田昌郎所長の言葉として、全面撤退なんて馬鹿なことを誰が言ったんだ!と。そんなことあり得ない!ってことを明言してるのに、どこも報じないでしょう? これは、さすがに共同通信は、その、報じたのに、どこもそれをキャリーしないんですよ。ね」
    岡安譲
    「ええ」
    青山繁晴
    「それはどうしてかというと、なるべく、日本にとって、あの、良い話っていうのは、全面撤退なんか全く考えてなかったって話にしなくて、菅総理が、反日の菅総理がおっしゃっ
    • ちゃうねん
    • 2014/09/27 2:22 AM
    続きです
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1617.html

    青山繁晴
    「それはどうしてかというと、なるべく、日本にとって、あの、良い話っていうのは、全面撤退なんか全く考えてなかったって話にしなくて、菅総理が、反日の菅総理がおっしゃってる。総理なのに反日でしたよね。菅さん、苦情あるんだったらここに来て下さいね。その菅総理が、未だに、いや、東電は全面撤退って言ったんだってことを未だに、自分を守るためにもおっしゃってますよね。で、その吉田調書、ちゃんと報じないっていうのはだから朝日新聞だけじゃなくて、その、まだ日本のメディア、テレビも含めて、この関西テレビも含めて、そういうことが未だに実は続いてるわけですよ。そして、じゃあこの、次の読者、読者じゃない、ごめんなさい(笑)、えー、つい今、新聞の話なので読者って言っちゃいましたが、この『アンカー』の視聴者からいただいてる質問で、朝日新聞っていう新聞は、今後いったいどうなるんですかと、いうこともお聞きするんですが、それはどうなるのかというとこうなんです」

    村西利恵
    「廃刊よりもチャイナマネー受け入れへ」

    青山繁晴
    「これ、廃刊廃刊、廃刊になるんじゃないかっていう期待感も込めて、よく語られてますが、そんなもん全然なりません。これはさっき、キーワードで中国は見ていると、言いましたとおり、中国は独裁国家だからこそ、民主主義国家での世論の力ってのは逆によく勉強して、ね、私たち当事者よりもよく知ってるんですよ。で、したがってたとえばアメリカのニューヨークタイムズがなぜ今、極端な反日新聞になってるかというと、ニューヨークタイムズを支えてるのがチャイナマネーだからです。ね。それはニューヨークタイムズの新聞読んでいただくと、途中で、実は、チャイナデイリーって新聞に、変わって(間に挟まって)いたりするわけですね。で、そういうことを朝日新聞にも、働きかけてきます。これは僕は断言します。朝日新聞は株式公開してませんから、株を入手しようと思ったら大株主に裏で接触したり、いろんなことやらなきゃいけない。それから、たとえば何とか法的に防ごうと、国会で新たな立法措置を取るかもしれない。でも、そういうこともそういうこともくぐり抜けようとして、中国はお金を出してきます。たとえばですね、朝日新聞に時々こういうのが、挟まれてるのをご存知ですか」
    青山繁晴
    「これ、The Asahi Simbun GLOBEって書いてんですね。GLOBE、地球って意味ですけど。これ、実験的に実は赤字覚悟で挟み込んでいて、これ見ていただくとですね、これ、分かります? 打ち合わせなしで時間はないのに聞きますが、林キャスター、これ最大の特徴は? この新聞の」

    林弘典
    「横書き?」

    青山繁晴
    「あ、やった!そのとおりです。良かった。ほんとに打ち合わせなしなんですが、横書き新聞を目指してるわけですね。で、日本は、未だに、ちゃんと縦書きが、その、書籍でも、えー、新聞でも主流ですけど、たとえば、横書きの小説が芥川賞を獲ったりしてる、その時流に合わせて、こういう、見栄えの、新しい物、そして柔らかい話題、これ自転車ですよね。そしてこれ、分かります? この感じ。あの、ちょっとね、村西キャスターも触ってほしいんですが、この紙の感じからね、大きさから、アメリカの新聞にそっくりなんですよ(一同同意)」
    村西利恵
    「大きさすごく似てますね」
    青山繁晴
    「こういう出直しを、実はしたたかに狙ってる。朝日新聞ってやっぱり頭のいい人が多いんで、そういう人が、チャイナマネーとやがて連携していくであろうと、いうことを、今、考えなきゃいけない時期に来てます。えー、そして、実は拉致事件についても、今週やろうと思ったんですが、残念ながら時間が完全になくなったと今、もうずっとスタッフが大慌てで(笑)。で、これは、拉致事件については、再調査の結果、いずれにせよ、北朝鮮から報告出ますから、その時に、全ての疑問にお答えし、今、僕が持ってる情報も、全部その時にお話しします。で、間もなくのことですから、それを待っていただきたいと、思います」
    岡安譲
    「はい。ぜひその時はよろしくお願いします。以上、青山さんの“ニュースDEズバリ”でした」
    • ちゃうねん
    • 2014/09/27 2:31 AM
    以上の抜粋ここまでです。
    あとは各自で読んで下さい。
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1617.html

    ■9/24 「アンカー」拉致再調査報告が遅れている理由と本当の解決を実現するためにすべきこと (一部抜粋)
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1620.html

    青山繁晴
    「疑いがあるっていうことを、報告してるのに、日本としては、韓国側にこれは言いませんになってるわけですよ。ね。そういうふうに常に相手に刺激しない刺激しないと言ってるから、完全に舐められて、今日言ったような北朝鮮も傲岸不遜な態度になり、こういうことを、どなたが求めてるかというと、拉致被害者の家族がお求めになってるんですよ、実は。で、最後に、申さなきゃいけないことは、これを全部通じてることは、何かというとこれです」

    山本悠美子
    「拉致は、敗戦後の日本の歩みそのもの」

    青山繁晴
    「はい。どういうことかというと、出して下さい」

    山本悠美子
    「軍事力を背景としない国家間の交渉は、不可能に近い」

    青山繁晴
    「つまり、第2次安倍政権といえども、その、話し合って話し合って、話し合いが終わらなかったらまた話し合いましょうっていう交渉で、北朝鮮が帰したくない拉致被害者、つまり有本恵子さんであれ横田めぐみさんであれ、北朝鮮の内部を、心ならずも知ってしまった人は帰したくないわけですね。そういう人たちに対して、いざとなったら取り返しますよと。わが自衛隊の力を使ってでも取り返しますよ、そんなことになっていいんですか、そうじゃなくて、そうなる前に、ちゃんと帰しなさいっていう交渉ができない限りは、実は、不可能に近い交渉になってるわけです。最後に申せば、その私たち共通の問題として、たとえば軍事力って言葉があったら、これ戦争の道具みたいに思ってるけど、それは実は、第2次世界大戦までの考え方であって、たとえば国連憲章に、加盟国は空軍の待機部隊を持ちなさいって書いてあるんですよ。ね。あんまり実行されてないけど。それはどういう意味かというと、世界で紛争があった時に加盟国だったら、空軍が当然あって、そこで、世界のために使える、どこでも飛んでいける、待機部隊を持ちなさいって書いてあるんですよ。日本は国連の加盟国どころか、アメリカ除けば一番お金出してる国ですよ? 国連に加盟してるのに国連憲章に従わない、それはどうしてかというと、僕らが、軍事力っていうのは戦争を引き起こす、だけのものだっていう思い込み、1945年の夏から、一歩も出てないってことが、実はそもそも、拉致事件を引き起こしたんだと。そして今、解決を遅らせてるんだということを、僕らの問題として考える。それを、北朝鮮はよーく、実は見てますから、解決はそこからしか始まりません」

    村西利恵
    「ありがとうございました。青山さんの“ニュースDEズバリ”のコーナーでした。いったんコマーシャルです」
    (番組最後に)
    村西利恵
    「最後に、今日の“ニュースDEズバリ”のコーナーの内容とも関係することなんですが、青山さんからお知らせがあります」

    青山繁晴
    「はい。あの、もう毎年のように中之島の公会堂で、拉致被害者を奪還するための『大阪府民集会』って開いていまして、今年も、11月9日に行われます。僕も講演しますし、家族もいらっしゃいます。特定失踪者の会の代表もいらっしゃいます。残念ながら有料ですけれども、できたら、ここに来て、一緒に考えて下さい。はい」
    http://osaka-blueribbon.org/index.html#w1

    村西利恵
    「青山さん、常々、国民が声を挙げることが重要だとおっしゃっていますが、皆さんぜひ足を運んでいただければと思います。ありがとうございました」

    以上 9/24からの内容からでした。

    朝日新聞を甘やかしてはいけません。私達が廃刊に追い込むなり、縮小させるなり、何だがの社会的制裁(オトシマエ)は下すべきです。
    そして、北朝鮮の制裁強化に賛同します。毅然とした態度で臨むべき。
    • ちゃうねん
    • 2014/09/27 5:49 AM
    ツイッターでビルが傾いているのかどうかという話が出てましたので、投稿しまーす。

    建物が傾いているのかどうかは、簡単に安くテストできます!ビー玉を床に置けばいいんです!傾いていたら、ビー玉が動きます。
    ビー玉はちゃんと丸い物を使ってくださいね。不動産を見る4ときはビー玉を持っていきましょう!
    • だいふく
    • 2014/09/28 11:38 PM
    反日サヨクに乗っ取られる!自治基本条例って?入門編
    http://youtu.be/thbjwBUjqUA?list=PLBUn1WM9bPYVlLRA3rOwd8XX6ntekdT51

    茅ヶ崎「自治基本条例」反対集会
    詳細
    http://ameblo.jp/dome4021/entry-11928322811.html

    日時:平成26年10月4日(土) 13時00分〜15時30分

    場所:茅ヶ崎市民文化会館 小ホール
    http://www.chigasaki-hall.jp/
    (JR 茅ヶ崎駅北口 徒歩8分)

    基調講演:
    「自治基本条例・住民投票条例という劇薬」
     八木秀次(麗澤大学教授)

    意見表明:
    三輪和雄
    (チャンネル桜キャスター・日本世論の会会長)
    木上和高
    (常設型住民投票条例に反対する茅ケ崎市民の会顧問)

    入場料:無料

    拡散、どうぞ。
    • ちゃうねん
    • 2014/09/30 11:46 PM
    【西岡力】約束破りを許すな!北朝鮮の思惑と日朝協議の行方[桜H26/9/29]
    http://youtu.be/_GpTc8jk2F4

    ■10/1「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”
    日朝協議の真相は?拉致は?北朝鮮の思惑、安倍外交を青山ズバリ より抜粋します
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1623.html

    岡安譲
    「北朝鮮から繰り出される私たち世論に向けたストレートパンチとは一体何なんでしょうか。青山さん、よろしくお願いします」
    堀田篤
    「よろしくお願いします」
    青山繁晴
    「はい。えー、まずは、まだおとといのこと、起きたばっかりの、日本と北朝鮮の、政府の間の話し合い、その、一番のポイントを見ましょう。はい、出して下さい」

    村西利恵
    「おととい(9月29日)、中国の瀋陽で日朝の政府間協議が行われました。その場で日本側は、『拉致被害者が最重要』と強調し、一方の北朝鮮側は、制裁の追加解除を要求してきました」

    青山繁晴
    「こういうのってまあ、あの、政府間協議っていつも当たり前のこと言ってるように見えるんですよね。それは日本からしたら拉致被害者が最重要と、いうのは、これまあ、オモテの意味で言うと、今回の北朝鮮の再調査っていうやつは、たとえば日本政府が認定してる、残りの12人の拉致被害者の方々、だけじゃなくて、特定失踪者とか、それから日本人妻の方々とか。その、日本人妻で言うと、その、在日朝鮮人の方と結婚された日本人の女性で、北朝鮮に渡った人、ご本人だけじゃなくて、子・孫・ひ孫に至るまで調べてるってことになってます。それから残念ながらご遺骨になられてる方々。そういう、こう全体を初めて調査してるってことになってるんですけど、その中でも、やっぱり拉致被害者が一番重要ですよと、当たり前のことを言ってるようでいて、これの本当の意味は、これです」

    村西利恵
    「真意は、拉致被害者抜きの報告は受けられないということ」

    青山繁晴
    「はい。つまり北朝鮮の側は、その、一番肝心要の、政府がすでに認定できた12人の拉致被害者の方々、有本恵子さんであったり、横田めぐみさんであったり、そういう方々の、話を、抜いてしまった報告からやろうとしてるから、それは受けられないってこと言ってるわけです、本当は(一同同意)。で、それに対して北朝鮮は、まあ、制裁、ちょっと解除してくれたけど、日本の独自制裁のことですけどね、あともっと解除して下さいって要求するのは、当たり前のように見て、その真意っていうのは、これですよね。先に、ここが肝心で、先に、日本が、独自に科してる制裁をもっと解除、してくれないと、たとえば、万景峰(マンギョンボン)っていう大きな船でも、日本に来て良しと、しないと、報告は、出してやらないよと、いうせめぎ合いをやってるって意味なんですよね。で、これはまさしく、先週、この『アンカー』で、このコーナーで、幸か不幸か申した、とおりになってるわけですよ。じゃあその、瀋陽での日朝政府間協議は、いわば、双方がもう、水面下では分かってたことをぶつけ合っただけかというと、そうじゃなくてお互いにけっこう変化球を投げてるわけですよね(一同同意)。で、それは実は、日本側も投げてて、菅官房長官が突然、人道支援もあり得るって言ったりするわけですよ。つまり、制裁は解除できないけど、人道的な支援ってことになったら、出すかもしれないよってことを言ったりするわけですよね。で、北朝鮮の方が、出した、変化球っていうのが、つまりこれなんです。はい、出して下さい」

    村西利恵
    「その日朝協議の報告を受けて、きのう(9月30日)安倍総理は会見を開き、『「調査の詳細な現状については、平壌に来て、特別調査委員会のメンバーに直接会って話を聞いてほしい」と説明があった』と話し、外務省が担当者を派遣する方向で検討しています」

    青山繁晴
    「うん。これ、安倍さんが直接まあ、総理の執務室から出てこられて、記者団の前で、いわゆるぶら下がり会見をやったんですよね。で、名目上はですね、安倍総理に、その、外務省の伊原さんっていう局長が、瀋陽から帰ってきて、報告したからってことになってんですけど、これまあ普通は、総理が出てくる場面じゃないですよね。それをあえて出てきたってのはまあ安倍さんが、この拉致事件というのは、自分が直接やってるんだと。で、拉致問題担当大臣の山谷さん、ね、その前の古屋さんも含めて、これも、『アンカー』で申しましたとおり、交渉役じゃなくて、家族対応なんで、交渉は俺がやるんだよと、姿勢を、見せたわけですね。ということは、これ、平壌に外務省が担当者を派遣することになってるけど、ま
    • ちゃうねん
    • 2014/10/10 2:08 AM
    続きです
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1623.html

    青山繁晴
    「・・・平壌に外務省が担当者を派遣することになってるけど、ま、安倍総理の意思だということなんですよね。で、これを、北の側から見たらですよ、もう北朝鮮の狙いってのは、さっき言いましたとおりすごくはっきりしてて、それはこれです」

    村西利恵
    「北朝鮮の狙いは、北朝鮮のペースで交渉を運ぶこと」

    青山繁晴
    「これもですね、その、一見考えると当たり前に、思うんですよね。この、狙いが、こうだというのは。つまり自分の地元に、その、相手方を呼べば、それは自分のペースだと。いわば、あの、サッカーの、アウェイかホームかみたいな話だと。そういうふうにこう、思われる人も多いと同時に、皆さんどっかで、つまりほんとはどういう意味なんだと。平壌に行ったから直ちにペースってわけじゃないだろうって言う人もいるでしょ。それは外務省が言ってる、さっきあの、政府高官って出てましたけどほんとは外務省ですね、外務省の高官は、記者懇談して、いや、そんなに、平壌行ったからっていってリスクはあるわけじゃないよってこと言ってるわけですよ。でも本当はですね、この、北のペースになってしまわないかって懸念は、具体的に2つ重大な心配事があるんですね。はい。それ出して下さい」

    村西利恵
    「その2つの1つめですが、安倍政権の強さを利用し、値段をつり上げる。どういうことでしょうか」

    青山繁晴
    「これ、これ実は僕が勝手に言ってるんじゃなくてですね、その瀋陽の、日朝政府間協議が終わったあと、ま、いつもどおりですけれども、この『アンカー』のためにも、政権中枢ともお会いしましたし、インテリジェンス、情報機関の人ともお会いしました。その時に僕から言った、言ったのは、いわば、北の方に立ってみれば、これやってることはいわば当然のことですよねと」
    村西利恵
    「当然…」
    青山繁晴
    「というのは、北朝鮮、いま中国と仲悪くなってるし、あてにできる援助やお金は日本しかないんですよ。で、その時に、その、何らかの合意ができた時に、その合意を、国民に、納得させるような、強い政権でないと、北朝鮮は何やっても無駄だと。それは、『アンカー』でお話ししたと思うんですが、小泉政権の時に、あれだけ強く見えた小泉さんでも、北朝鮮としては合意ができて、5人は、5人の方はただ一時帰国なだけ、一時的に家族に会わせるだけで、ほんとは1兆円のカネをもらう約束になってたっていうのが、北朝鮮の本音ですからね。もっともっと強い政権でないとできないと。で、これ北から見たらですよ? で、安倍さんは、まあ国民に反対も非常に強い集団的自衛権も、特定秘密保護法も、やったので、4月には消費増税もやったから、その安倍さんがいる間に、それを利用して、何とか、お金をもらわなきゃいけないと。で、その時に最初から、ポッと出してしまうと、そこで値段は決まってしまうけど、その、後出しで、ちょっとずつ、ちょっとずつ、ちょっとずつ出して、その、安倍さんといえどもやっぱりそれは、これ失敗したら安倍政権の、命運にもかかるから、だんだん値段つり上げるだろうと。だから、いわば当然の動きになってるわけですよねというふうに、特にインテリジェンスに聞いたら、そのとおりと。で、そのインテリジェンスは案外、こういわばどっしりしてて、だからそんなに慌てることはないんだと。いわば、家族の気持ち、ご家族の気持ちは分かるけれども、北は必ずこう出てくるってことは、いちおう読みの範囲内だと、は言ったんですよ。で、僕はしかし、それ納得せずに、いや、これは、安倍政権の大失敗にもつながりかねないと。あの、これは先週申したとおり、軍事力を背景にしない交渉なんて本来、不可能なことやろうとしてるわけですからね。そしてその上でですよ、北朝鮮は、この値段をつり上げていくだけではなくて、平壌に来いっていうことはですね、えー、はい、出して下さい」
    村西利恵
    「ここで先ほどのキーワードですね。まさかのストレートパンチがある。どういうことですか」
    青山繁晴
    「これはですね、たぶんね、テレビをご覧になってるいわば常識人、普通あの、苦労して商売なさったり、たとえばスーパー行ってもう、あの、1円2円の値段の差をしっかり見てる主婦の方とかのほうがね、想像力がぱっと働くんじゃないかと思うんですよ。つまり現地に行くっていうのは、どういう意味でしょうか。現地に行かないとできないことって何なのか。その前にですね、これいちおう北朝鮮は、ま、水面下の交渉の中でのうわべとして、何で、その、中国瀋陽じゃだめで、平壌ならいいかというと、北朝鮮の言い分によると、この特別調査委員
    • ちゃうねん
    • 2014/10/10 2:19 AM
    続きです
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1623.html

    青山繁晴
    「・・・北朝鮮の言い分によると、この特別調査委員会の実態は、国家安全保衛部っていう、ね、秘密警察ですよね。秘密警察だから海外行けませんと。だから平壌に来て下さらないと、その肝心要の調査委員会の、秘密警察の連中は、お話しできないんだと、言ってるんですよ。嘘つけ!ですよ、これ」
    岡安譲
    「嘘つけ、ですね」
    青山繁晴
    「秘密警察が、自分の国内だけで仕事するなんてことはありませから(一同同意)。特に、中国やロシア、も含めてですね、いわゆるもともとの友好国にはたくさん国家安全保衛部の連中は出てるわけですよ。ですから、たとえば中国だったら、必ず来れるはずなんで、それは、嘘の理由なんですよね」
    岡安譲
    「じゃあ違う、狙いがあるってことですね」
    青山繁晴
    「違う狙いがあって、これあの、クイズみたいになっちゃいけませんけど、いや、テレビ見てる方で絶対気がついてる人がいると思うんですよ。その、平壌に、行かないと、日本が来てくれないと出せないもの。はい、堀田キャスター」
    堀田篤
    「…安否ですか、拉致被害者の」
    青山繁晴
    「安否ですか? 安否ってそれは、こういう紙とか情報って意味ですか?」
    堀田篤
    「いや、直にお会いするという」
    青山繁晴
    「うん、うん、そのとおり、そのとおりです。ちょっと僕、拍手したいですけど、そのとおりであって、まさかのストレートパンチっていうのは、日本の外務省の担当官、つまり安倍総理の訪朝とかそんな大げさな話じゃなくて、担当者に過ぎないから出してもリスクはないと、外務省の人は言ってるわけです、本当はね。ところが、その日本側の、行った人はそう偉くなくてもですね、北朝鮮の側が、日本国民、日本人を出してきたら、それ、会った人が、その、たとえば外務省の課長ぐらいだろうが課長補佐だろうがそんなの関係ないじゃないですか。その日本人は一体、その、どういう人なのかってワッという関心がそっちに向くでしょ」
    岡安譲
    「そうですね(一同同意)」
    青山繁晴
    「したがってこれは、その、ストレートパンチっていうのは、政府認定の12人の拉致被害者は残念ながら、含まれてる気配はないですけど、たとえば特定失踪者であったり、それから、その、今言いました日本人妻を含めて、つまりたとえばいろんな人生がありますから、その人生を上手く利用されてしまうと、美談になるような話まで、ね、日朝友好って話につながるようなことまで、ね、あるいは演技を振り付けたりってことまで、そういう人々を用意しといて、バッと会わせて、そうすると、12人の政府認定の拉致被害者の関心よりも、特に日本はメディアが、世論を動かそうとするっていうのは、北はよく分かってますから、マスメディアが乗っかってしまう、美談になるような、日本の方を出してくる。で、その時に、これあの、ストレートパンチって言ったのは、その、僕らに向かってくるから、僕らがしっかりしてれば、実は北が今そういうプランを持ってたとしても、実は無駄に終わるんですよね。そしてその上でですね、この話の前半、まあ北のペースでやってるってことをお話ししたんですが、本当はですね、その北朝鮮自身も、最近非常におかしな動きになってるわけですよね。つまり、北が、自分のペースでやれてるわけじゃない。その証拠は、これです」

    村西利恵
    「北朝鮮の宋日昊国交正常化担当大使の発言が揺れているんです。9月の10日には、『日本側への最初の結果報告はいつでもできる』と言っていたのが、おととい、『具体的な調査結果を報告できる段階にはない』と。しかしきのうは、『いつでも、日本側が平壌に来れば、その時点までの調査内容を報告できる』と発言しています」

    岡安譲
    「ころころ変わりますねえ」
    青山繁晴
    「はい。これ(9月10日)、いやぁ、もうすぐできるんだと、言ってから、(おととい)全然できませんと、言ってから、(きのう)ちょっとはできるんですと。ね。その一回変わった、だけじゃなくて、また、いや、ぶり返してるわけですね。もう典型的にこうやってぶれてるんですが。これはどういうことかというとまず宋日昊さんっていう人は、日本で有名になってる、北朝鮮の、拉致事件担当者に見えるじゃないですか」
    村西利恵
    「ええ」
    青山繁晴
    「偉い人に見えますよね、大使だから。これ全然違うんですよね。これたとえばですね、著名なジャーナリストの田原総一朗さん、らが、この宋日昊さん、特に田原さんは宋日昊さんと直接何度も話してるから、その感触から言って、たとえば有本恵子ちゃん、拉致被害者の有本恵子さんは、もう死んでるんだと。
    • ちゃうねん
    • 2014/10/10 2:44 AM
    続きです
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1623.html

    青山繁晴
    「・・・拉致被害者の有本恵子さんは、もう死んでるんだと。それを前提に交渉してるみたいなことを、テレビで実際に発言なさって、当然、有本恵子さんのご両親、明弘さんと嘉代子さんが、裁判を起こされて、裁判で実際に有本ご夫妻が勝ちました(一同同意)。ね。で、その時の大事なポイントのひとつはですね、宋日昊さんに、何かの感触を聞いたからといってそんなものは根拠に全くならないんですよ。どんなに有名なジャーナリストであっても、そこは間違えてて、どういうことかというと、宋日昊さんは、単なる、その、スポークスマン。話役に過ぎないんですよ。何の権限もありません(一同同意)。これずっと言ってるとおり、拉致事件は、独裁者が直接、仕切っている工作機関がやったんで、北朝鮮の外務省の人など、工作機関に立ち入ることすらできません。だから何にも知らない。その、こう言えと言われて言ってるだけなんで、つまり話が変わるっていうのは、宋日昊さんが変わってるんじゃなくて、後ろから複数の人が、お前こう言えと。ね。もう、すぐできるって言え、いや、できないって言え、ちょっとはできるって言えってこう、宋日昊さんが後ろからこづかれてるわけですよ、実際は」
    村西利恵
    「なるほど、それをそのまま言ってるだけなんですね」
    青山繁晴
    「そうです。ということは、北朝鮮には実は、隠された不安があって、まず1個はこれです」

    村西利恵
    「その不安というのが、1つめ、内部対立」

    青山繁晴
    「つまり対立してる後ろから、こうやって宋日昊さんに言ってるから、話がぶれるんであって、どういう対立かというと、これは日本のインテリジェンス、えー、日本は、たとえば朝鮮総連などに対して、当然情報活動行ってますから。えー、CIAと違って人殺したりしませんけれど、かなり分かってるところがあって、それはこれです」

    村西利恵
    「対立というのが、統一戦線部 対 国家安全保衛部」

    青山繁晴
    「これあの、こういうあの、こう恐ろしげな名前、あんまり、僕もあんまり言いたくないんですけどね。ただ国家安全保衛部ってのは一般的に言うと秘密警察で、えー、ま、ソ連とかにもあった、ナチにもあったような秘密警察。で、統一戦線部、これ統一っていうのは、その、南北統一、つまり、韓国を呑み込む時に、普通の戦争ではもう、あの、決着つかないから、工作活動でやりましょうというのが統一戦線部であって。で、実は拉致事件っていうのは、全部は分かりませんけど、主としてこっち(統一戦線部)がやった」

    村西利恵
    「統一戦線部が」

    青山繁晴
    「はい。で、一部は国家安全保衛部も、犯した犯行だけれども、主としてこっち(統一戦線部)がやって、で、同じ部だけど、どっちかというとこっち(統一戦線部)が上にいるっていうのが、まああの、インテリジェンスから見た常識なんですよ。で、統一戦線部は、日本人をなぜ誘拐したかというと、いろんな理由ありますけど、その、工作活動に使うってのが一番大事な目的ですから。工作活動に使った日本人を、そのまま、北朝鮮に、北朝鮮から日本に帰すと、どんな工作活動をやったかが、分かってしまうから、当然、一切帰さないって姿勢なんですよ(一同同意)。ね。それに対して、国家安全保衛部は、この金正恩さんの意向もおそらく受けて、少しなら帰せる。ね。工作活動あんまり向いてなかった人は、たとえば曽我ひとみさんのような人だったら帰せるからそうしようと言ってて、これ実は主導権争いになってて、深刻な対立になってると思われる。だから、オモテで喋る人の宋日昊さんに、それぞれが言って、宋日昊さんは、両方に逆らうことできないから、言われるがまま言って、もう迷走することになってると」
    岡安譲
    「なるほど」
    青山繁晴
    「いうのがおそらくそうだろうということです。それからもうひとつ、さらに深刻な話があってですね、それはこれです」

    村西利恵
    「隠された不安の2つめ、健康不安」

    青山繁晴
    「これはですね、えー、まず、この金正恩第1書記は、まだ若い独裁者なのに、もともと、太りすぎっていうこともあって、たとえば、ま、韓国でこの、金正恩第1書記の健康問題についていっぱい報道があって、韓国の新聞、実はあんまり、信用できないんですが、これ、しかしこれナマの絵でですね、足を明らかに引きずって歩いて、いらして」
    村西利恵
    「そうですね」
    青山繁晴
    「そしてこれを、朝鮮の国営メディア、国営テレビが、何度も何度もくり返し放送するわけです」
    岡安譲
    「それが意外ですよね」
    青山繁晴
    「うん、そし
    • ちゃうねん
    • 2014/10/10 2:57 AM
    続きです
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1623.html

    村西利恵
    「ここでズバリキーワードは、『韓国の要求は拒否』。韓国は一体何を要求しているのか、このあと、詳しく話していただきます」

    (中略)

    村西利恵
    「政権中枢の人物によると、『韓国との首脳会談だけは未定』」

    青山繁晴
    「うん。で、これは、日韓をやれないから困ったねって話じゃなくてですね、これが実は余裕の構えで、別に、いいっすよ韓国はと、いうことなんです(一同ざわ)。これはどうしてかというと、朴槿恵大統領が、こうだからです。はい、出して下さい」

    村西利恵
    「朴槿恵大統領は首脳会談冒頭で慰安婦問題の謝罪を要求してきている」

    青山繁晴
    「まず朴槿恵さん本人に、オバマ大統領から、必ず、その11月の北京APECで、首脳会談、やってくれ、やりなさいということをですね、何度も言われたんですよ。で、じゃあやらなきゃしょうがないになって、こないだ朴槿恵さんが国連で演説した時にも、慰安婦っていうのを突然言わなくなって、あれあれ?みたいになったんですが」
    村西利恵
    「そうですね」
    青山繁晴
    「但し、朴槿恵大統領は、側近が何を言おうとも、とにかく日韓首脳会談やるんだったら、冒頭に安倍さんが、ね、韓国に言わせたら従軍慰安婦ってことになっちゃうんですけど、それは、そんな人はいませんが、慰安婦で、謝罪してくれと。ね。それが絶対の条件だと言ってて、これが、韓国の内部でも、そんなことばっかり言ってたら、前に進まないと。ね。それを日本側は知ってるから、余裕の構えで、安倍さんどうしたかというと、こうです」

    村西利恵
    「安倍総理は、即座にこれを『拒否』した(一同ざわ)」

    青山繁晴
    「はい。えー、全く拒否してしまいました。で、したがって、韓国側には非常に焦りがあってですね。まあ、日朝いろいろあるけども今までよりは接近の気配がある。それから日中も、ま、11月まで、だけかもしれないけど、接近の気配があって、えー、そして安倍政権はかなり強いと。そうすると、韓国だけが取り残されるって不安に、まあ駆られていて、朴槿恵さんの、つまり、周りが、ちょっとおかしくなってるっていうとこがあるんで、日本はこれ、様子見てるわけですね。で、これはですね、あの、ある意味、今まで、敗戦後の日本外交になかったことです。韓国とは実は日本は戦争してません。日韓併合っていう国際条約で、決まった、併合時代はありましたけれど、戦争はしてないのに戦争責任ってことでずっと頭下げなきゃいけない、韓国が何か要求なさったら、お応えしなきゃいけないってことで、実は朝日新聞の問題だけじゃなくて、それで慰安婦問題がおかしくなったんですね。で、このように、明確に、即座に拒否するってこと今までなかったですから、そこは、その、安倍外交は敗戦後の外交を少し見直す方向に行ってると思うんですよ」
    青山繁晴
    「但し、最後に申しますと、これは政権中枢の側に申し上げたんです。つまり、安倍さんの側に申し上げたんですが、人は、得意分野で失敗するんで、拉致事件が、安直に、平壌に、えー、外交官送ったりすると、実はそれが、安倍外交、あるいは安倍政権の致命傷になりかねないと。あくまでも、家族会のまともな感覚を、しっかり、活かして、外務官僚に頼るんじゃなくて、家族とともに、国民とともに歩んでいたえだきたいと思います」
    岡安譲
    「はい。ありがとうございました。以上、青山さんの“ニュースDEズバリ”でした」
    • ちゃうねん
    • 2014/10/10 7:48 PM
    私は署名しました。
    期限までに規定数に達せず残念でした。
    更に残念なのは、その旨のアナウンスがされないことです。バカにされているような気がしました。ご一考ください
    • 匿名
    • 2014/10/20 6:07 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【テキサス親父・日本は、尊敬すべき素晴らしい国】その理由は・・・
      Aliexpress Blog
    • 【テキサス親父】ワトソン逃亡か? 2012/07/24
      guitar center black friday Blog
    • 【テキサス親父】ワトソン逃亡か? 2012/07/24
      moosejaw coupon code Blog
    • 【テキサス親父】親父大喜びのニュース速報 2012/12/19
      Blog
    • 【テキサス親父】 UNBOXINGビデオ アンボックス? 2011/07/06
      moosejaw coupon code Blog
    • 【テキサス親父】日本国の天皇が裏取引きしたと天皇を「冒涜」するカルト 2012/07/03
      lids coupons Blog
    • 【テキサス親父】世界一高い所に登ったテキサス親父グッズ 2012/05/15
      ebay coupan Blog
    • 【テキサス親父】西側マスコミの原発報道の意図
      Aliexpress Blog
    • 【テキサス親父】日本の捕鯨船がシー・シェパードに攻撃を加えた? 2012/01/20
      olive garden discounts Blog
    • 【テキサス親父】日本人 ベトナム人 フィリピン人と犬はお断り! 2013/03/12
      yankee candle coupon code Blog

    recent trackback

    • 【テキサス親父】緊急速報:米国カリフォルニア州クパチーノ市に慰安婦像設置の動き 2013/12/25
      美しい国への旅立ち
    • 【テキサス親父】今回の騒動についてご説明とお願い 2013/12/09
      きらやまと・さらいにこ
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      きらやまと・さらいにこ
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      In the Strawberry Field
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      きらやまと・さらいにこ
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      冴木雫の創作日記
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      むぎの手記
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      市民団体 草莽愛知実行委員会
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      文句言いのたわごと
    • 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い 2013/12/12
      志葉楽(シバラク)

    links

    profile

    書いた記事数:488 最後に更新した日:2017/05/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM